こはるカプセルのレコード集め

シングルレコード大好きのこはるカプセルが収集したレコードの紹介をします。ジャンル関係なく集めた大好きなシングルレコードたちです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハリー・アップ・ハリー / シャム69

今日のシングルレコードは ハリー・アップ・ハリー / シャム69 です UKパンクの中でも特にサッカーとか、地元や仲間との関係性を歌うバンドですね 直接的にはフーリガンとは関係ないかも知れませんが、常にファンが一緒になって歌うといったようなスタイルを築いたのではないでしょうか
まあ もともとバンド名の由来が、出身地のサッカーチームの優勝記念の落書きから取られたんでしたっけ あまり調べてないのでうろ覚えですけど

ファッション的には、初期パンクというよりもほとんど普通の格好で、あまりスタイリッシュじゃないですね まあBAZZCOCKSとかもそうですけど こういったところが、地元の若者との連帯感を深めたのでしょうね 1枚目のシングルはなんとジョン・ケイルがプロデュース けっこうソリッドな音も好きなんでしょうね ジミー・パーシーもけっこう老け顔で、あまりシンボリックなヒーローとは言えませんね そこがいいんですが 2代目のベースのデイヴ・トレガンナは、後にスティヴ・ベイターとローズ・オブ・ザ・ニュー・チャーチを結成してますね この頃にはかなりファッショナブルというかちょっとグラムっぽい格好になっておりますね スティヴ・ベイターもなんかDEAD BOYSのころはかなりひどいなあ ローズ・オブ・ザ・ニュー・チャーチは悪意のこもった、カバー、LIKE A VIRGINをしていておもしろいです 今度紹介したいのですが、確か12インチしか持ってなかったような

地元の若者との連帯感を生む中、スキンヘッドとかが暴れるようになり、この流れがOIにもつながるのでしょうけど、ライブは喧嘩がひどく、『If the Kids Are United』が生まれました 名曲ですね コンチネンタル・キッズもカバーしていて格好いいなあ

この曲『Hurry Up Harry』は2006年のワールドカップでイングランド応援歌『Hurry Up England』になってますね イギリス人はコックニー・リジェクツといい、この辺のバンドが大好きなんでしょうね まあ一緒に楽しく歌える曲というポップな面が大きいのでしょうけど 日本盤シングルは2枚でてますね でも個人的には『Borstal Breakout』を日本盤シングルにしてほしかったな
SHAM69-2.jpg

SHAM69-1.jpg



1979 ポリドール株式会社 K17904
スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2010/07/13(火) 08:46:25|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Our summer / All About Eve | ホーム | SWEET JANE ROCK &ROLL / THE VELVET UNDERGROUND>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://coharucapsule.blog109.fc2.com/tb.php/190-4e186651
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こはるカプセル

Author:こはるカプセル
はじめまして
シングルレコードが大好きです 集めたシングル数千枚
シングルのジャケットっていいですよね
モットーはジャンルにこだわらないレコード収集です
よろしくお願いします

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。