こはるカプセルのレコード集め

シングルレコード大好きのこはるカプセルが収集したレコードの紹介をします。ジャンル関係なく集めた大好きなシングルレコードたちです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

WALK THIS WAY / Run-D.M.C.

今日のシングルレコードは WALK THIS WAY / Run-D.M.C. です ヒップホップ界ではまあ知らない人はいない、というか音楽界でも知らない人はいないビッグネームです
このシングルは1986年に出たヒットシングルですね 頻繁にMTVなどで流されていたのでご覧になった人も多いと思います 
 
ヒップホップでは主流となっているサンプリングは使わず、どちらかというと元曲の演者であるAerosmithのメンバーを巻き込んだカバーという感じでしょうか
アディダスなどのオールドスクールファッションと、Aerosmithのハードロックが両立したとても格好良い曲です なんと言っても音圧がすごい テレビなどで見ると
スクラッチなどもすごく軽くて遊んでいるようにしか見えないのだけど、ライブではもうそれはすごいとしか言いようのない状態ですね ヒップホップはやはりストリートの
ものなんでしょうね 低迷していたAerosmithの復活もこのシングルの成功がキーになっていますね サンプリングから始まったヒップホップ文化が他のジャンルの音楽を
救うというすばらしいお話ですね

このジャケットの3人も格好良いですね 決まっています 残念ながらジャム・マスター・ジェイが2002年に射殺され、グループは解散しました 犯人はいまだに分かっていません ヒップホップ界では麻薬、殺人などが当たり前のように横行しています でもそれは彼らが作られたものでは無く、彼らの音楽が本当にストリートからの生の声だということにもなります
90年代でも2パック、ノートリアス・B.I.G.といった大物が銃撃により死亡しています 「ノトーリアスB.I.G」という伝記映画を見ましたが、彼らはストリートで薬の売人からはじまり、音楽を作っていきます そして若くして死亡 ほとんどのアーティストが20代で死んでいます 

ですが、ヒップホップ、特にRun-D.M.C.がアメリカの音楽界に与えた影響ははかりしれません 80年代からすでに、60年代の音楽を分解し、再構築した彼ら 80年代もうすでに音楽界には新しいものなど何もなかったのに、彼らは新しい音楽を作ったんですね それも単なる焼き直しではなく革新的に新しいものを この文化からターンテーブル、サンプラーなどの新しい楽器が生まれてきたのですね 新しい音楽が生まれる瞬間は『ワイルド・スタイル』という映画に収められています 興味のある方はおすすめです

RUN DMC

RUN DMC2



1986 LONDON 886 076-7
スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2011/07/13(水) 10:08:00|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

girls&boys / blur

今日のシングルレコードは girls&boys / blur です
1994年のヒットシングルです ジャケットが良いですね 色あいもなんかちょっとレトロな感じ
わたしの個人的な見解としては、1990年初頭に出てきたときは、ロンドン出身ではあったのですが、どうしてもその当時のマンチェスタームーブメントにからみとられているなんかいいとこ取りのバンドというイメージです 特にファーストは微妙な感じで、それがけっこう好きだったのですが、当時から独特なポップな印象は強かったのですが、バンドとしての押しは弱かったような憶えがあります

JESUS&MARY CHAINやTHE SMITHSと比べられたりもしたけど、全然違うし軽いなあっていうのがそのときの感じだったのに、いまやイギリスを代表するビッグバンドですから、やり続けることは大事ですね まあルックスが良かったから本当に好きなことができたかどうかは、今の音楽性を見ると疑わしいところですね
ジャケットは4枚目くらいまでは同じようなポップなものが多くて楽しかったのですが、その後はシングルにしてもなんだかなあというジャケットも増えてきてましたねえ 
blurと言えばブリットポップですが、未だにこのブリットポップの意味が良く分かりません アメリカのグランジに対向してできたのかもしれませんが、イギリスのバンドで新興のバンドに全部そうしたレッテルを貼っていたのは評論家だけだったのでは ブリットポップが生まれたとか死んだとか全然良く分かりません じゃあ今活動しているバンドは何?何ポップ?と聞きたくなりますね
なんかファッションがらみのつまらない流行ですね

SOUND&RECORDING MAGAJINEにblurのDamon Albarnのプライベートスタジオが掲載されていましたが、これがまたアナログシンセの山 好きなんでしょうね このgirls&boysもどちらかと言うとバンドサウンドではなく、エレクトロニカの影響が強いですね 最初に聞いたときはなんだと思ったのですが、すぐに好きになりました
長くバンドを続けるとその音楽性の指向はどんどん変わっていき、ぱっと聞いたときは全く別物に聞こえることもありますが、実はblurは本質は変わっていないバンドなのかなと思います ルックスが良かった(?)からもてはやされる時期も過ぎて、おじさんになって初めてその音楽を聴いてもらえるようになったのかもしれません
いろいろ書きましたけど大好きなバンドなんです

blur.jpg

blur2.jpg



1994 FOOD RECORDS FOOD47

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2011/07/07(木) 08:24:11|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

胸いっぱいの愛を / レッド・ツェッペリン

今日のシングルレコードは 胸いっぱいの愛を / レッド・ツェッペリン です
本当に久々の更新なのですが、実はいいわけもありまして、大したいいわけではないのですが、知り合いの方でこのくだらないブログを見ていただいている方がいらっしゃるのですが、その方と久しぶりにお会いしたときに、次の更新はレッド・ツェッペリンで、しかも胸いっぱいの愛を、でいきますね とか調子の良いことを言ってしまって、このシングルがなかなか見つからなかったというわけです
さて、自分の記憶では、胸いっぱいの愛を、は白いジャケットだったなあと思ってたんですが、実はそれは移民の歌でした このシングルは日本盤としては2枚目になりますかね
昔、ベストヒットUSAでなんだか怖いなあと思ってみたのが、レッド・ツェッペリンですね ドラッグカーレースの映像がはさまったような映像で、最後にジョン・ボーナムが銅鑼を叩いていました 音楽的にはやはりかなり初期に出会ったヘヴィーな音で、音圧に圧倒された記憶があります よく言われることですが、特に初期はリズムの取り方が独特で、それが独自のヘヴィーさに繋がっていたのでしょうね
ジミー・ペイジのギターに関しては様々な方がいろんなことをおっしゃってますが、リフなんでしょうね やっぱり ブートのライブなどを聴くとかなり弾けてない感が強いんですが、それがまた格好良いのですから全然問題ないですね もともとスタジオミュージシャンなんだから本当は弾けるんでしょう やっぱりライブのときなどはなにかをきめていっらっしゃるんでしょうね もしくはギターのポジションかもしれませんね 

YardbirdsからLed Zeppelinという流れにはかなりの跳躍があるように思います まあメンバーがほとんど違うんだからということもありますが、音楽性とともにルックスなどの違いや、大がかりなセットでの大音響のライブなども時代の流れで、両者(YardbirdsとLed Zeppelin)は全く別ものですね 
 
まあ大御所なので、わたくしが言うようなこともあまりありませんが、実際には彼らの音楽性を現在直接引き継いでいるバンドは全くありません これはいかに彼らが革新的だったかということではないでしょうか 


led zepperin1

led zepperin2


1970 日本グラモフォン DT1139

ついでに1976年発売のカップリング盤 ジミー・ペイジ格好いいな
led zepperin3

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2011/07/05(火) 15:12:55|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

こはるカプセル

Author:こはるカプセル
はじめまして
シングルレコードが大好きです 集めたシングル数千枚
シングルのジャケットっていいですよね
モットーはジャンルにこだわらないレコード収集です
よろしくお願いします

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。