こはるカプセルのレコード集め

シングルレコード大好きのこはるカプセルが収集したレコードの紹介をします。ジャンル関係なく集めた大好きなシングルレコードたちです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CONGRATULATION / THE WILLARD

今日のシングルレコードは CONGRATULATION / THE WILLARD です 
また少し更新が滞ってました ジャケット写真はかなりの枚数を取り込みしてますのですぐにでも更新できるのですが
THE WILLARDの5枚目のシングルです インディーズ時代でもかなり後半ですね 最初のころの「PUNX SING A GLORIA」とかも勢いがあり格好良いですが
このころの良いです かなり録音が良くなっておりますね
THE WILLARDと言えば徹底した音とヴィジュアルで圧倒的にインディーズの中でも完成度が高く、ダムドかなかなり影響は受けていますが、完全にオリジナリティを
確立していますね なにかイベントのときにライブを見たのですが(何バンドも出ていたので演奏は3曲くらい)、MCもほとんど無く、強烈な演奏だけですっと消えた
のがすごく格好良かったです "インディーズ御三家"なんて言葉もありましたけど、あまり露出もなく、精悍なイメージがありましたね
このシングルのB面HIT OR MISSはダムドのカバーですが、うまく日本語歌詞にしております
でも、原宿のBLACKですか、夜中にコマーシャルをしてて、それには出演してたような 関東ローカルですかね そのときの曲が「STINKY VICE」でした

このシングルもレーベル名はあるものの、ライブのときに配布した非売品EPなんですね わざわざ ONLY 1000 COPIES とジャケットにありますね
600枚が配布されたと資料にあります このシングルは当時にインディーズのショップで買ったような記憶があります このジャケットにしても「PUNX SING A GLORIA」に
しても独特の世界観があり、当時のその他の安っぽいインディーズ作品を寄せ付けない格好良さがありました 

他のバンドとはあまり関連性が無いようですが、JUNがスターリンに参加したりしておりますね 「マキシマム・ロックンロール」が出した「WELCOME TO 1984」という世界各国からパンクバンドが参加しているオムニバスに入っているスターリンの「Chicken Farm」にはJUNが参加しております このアルバムかなり強烈でスターリンはさすがですが
他のバンドも負けていないです 北欧や南米の英語以外のハードコアをこのアルバムではじめて聞きました 廃盤なのが残念ですね

脱線しましたが、THE WILLARDは公式ホームページもあり、まだまだこれからの活躍が期待されますね 

WILLARD01.jpg

WILLARD 02





1985 CAMOUFLAGE RECORDS レコード番号無し
スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2010/08/24(火) 11:24:28|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

こはるカプセル

Author:こはるカプセル
はじめまして
シングルレコードが大好きです 集めたシングル数千枚
シングルのジャケットっていいですよね
モットーはジャンルにこだわらないレコード収集です
よろしくお願いします

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。