こはるカプセルのレコード集め

シングルレコード大好きのこはるカプセルが収集したレコードの紹介をします。ジャンル関係なく集めた大好きなシングルレコードたちです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

黒い眼をしてU.S.A. / Th eRockers

今日のシングルレコードは 黒い眼をしてU.S.A. / Th eRockers です 言うまでも無く俳優で活躍されている陣内孝則さんの在籍していたザ・ロッカーズの1stシングルです このシングルは珍しく裏面もカラーですね

当時はどうも博多のバンドに対する勘違いがあって、サンハウスとかのイメージでかなりどのバンドもブルージーなロックのイメージを持ってました なのであまり熱心には聞いてなかったのですが、ある時からルースターズも含め、泥臭い音楽性も持ちながらも、パンクの影響を受けたスピーディな楽曲をしていることに気づいたのでした やはり先入観はいけませんね ものすごく格好いいです

このシングルも表はサーフィンUSAのカバーですね B面のショック・ゲームが素晴らしいです まさにラモーンズに影響を受けたパンクソング 格好いいです 陣内さん監督の『ROCKERS』でも演奏されてました この『ROCKERS』での実際の演奏は大江さん抜きのルースターズが担当しているので格好いいはずです というか、当時はライバルのルースターズの曲も自分たちの曲として演奏しているのはどうなんでしょう ちょっとずるい気もしますけど格好いいからまあいいか

メンバーには後にルースターズに参加する穴井仁吉さんもベースとして在籍してますね そのあとウィラードにも参加されてましたね 映画を撮影するきっかけとなったギターの谷さんは実際に眼がかなり悪かったようで、ジャケットでもサングラスをかけています

同時に発売されたアルバムは、お寺で録音され、録音時間はなんと3時間! 一発録りなのでしょうね それだけライブなどをこなしてきたということでしょう ただ陣内孝則のボーカルはまあうまいものですはないですね 勢いはありますけど、あまり歌い上げる唱法ではないので余計思ってしまいます 

前から疑問に思っていたのですが、Th eROCKERSという表記は何か意味あるんでしょうか

rockers.jpg

ROCKERS1.jpg


1980 キャニオンレコード 7A0027
スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2008/12/20(土) 12:05:49|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハンギン・ラウンド / ルー・リード

今日のシングルレコードは ハンギン・ラウンド / ルー・リード です 今回は大好きなルー・リードの日本盤シングルです この前にはソロはなくてバンドが好きだと書いたばっかりですが大好きなので許してくださいね

このシングルは2枚目のソロのTransformerからのシングルカットで、ジャケットもアルバムに即したものになってますね この頃のルーと言えば、バイセクシャルな雰囲気を醸し出して、ニューヨークの退廃を唄うという感じなのですかね このシングルにしてもけっこうホモネタなのですね まあヴェルヴェットのときもホモや薬に溢れていましたけど、ソロになってからの方がより乾いたイメージがあります デビッド・ボウイの影響もけっこうあるのでしょうか

ヴェルヴェットの頃はほぼ全てよれたギターはルーの演奏だと思うのですが、ソロになってからは独特のギターが減っているように思えます 唄も本当はうまいんだろうけどうまく唄おうとはしていませんね その方が伝わるからでしょうか 朴訥なしゃべっているようなボーカルが魅力です ギターも本当はすごくうまいんでしょうけど、ソロとかなんてほとんど真似のできない無軌道ぶりに惚れてしまいます 昔弾いていたギルドのギターは格好良かったです 昔はセミアコが多かったですが、今は主にソリッドギターを使用してますね 

実はヴェルヴェット・アンダーグラウンドを聴いた後にルーのソロを聴いたので、それほどの衝撃はなかったのです しかし聴けば聴くほど良くなってきて、いまでもトランスフォーマーやベルリンは愛聴しております 最初にMetal Machine Musicを聴いたときはしびれましたね ずっと廃盤でしたがオリジナル盤を愛聴しましたよ

この頃のルー・リードの日本盤シングルは5枚ほど持っていますが、よくこんなものをシングルカットしたなあと思います   このシングルはまあそのままのタイトルですが、SATELLITE OF LOVEなんか「愛の人工衛星」ですからね あまり売れてなかったでしょうね ルー・リードを好んで聴く人はあまりシングル盤を買わないような気がしますね

ルーはかなりの取材者キラーらしいですが、前に読んだ日本の雑誌のインタビューとか、質問の内容がバカすぎて軽くあしらわれてました まあ日本の雑誌なんてどうでもいいのでしょうね そこがいいんですけどね 

lou reed1
lou reed2
lou reed3


1973 ビクター音楽産業株式会社 SS-2244

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2008/12/11(木) 17:19:53|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

mental disoder ep / DISORDER

今日のシングルレコードは  mental disoder ep / DISORDER です UKハードコア四天王のひとつ あとはChaos UK,Discharge,exploitedですかね 個人的な意見もかなり入ってますが 人によっては5大バンドでもう一つ入れたり、1バンド減らして3大にしたり

このmental disorder epはシングルとしてはDisorder ep、Distortion Til Deafness epに続く3枚目で、初期DISORDERの気合いの入った演奏が聴けます 特徴としては良く言われますが歪みすぎて何か全然分からない蝉の鳴くようなギターとどかどかとしたドラムが目立ちます スタジオ盤でもライブ盤でも同じようにギターの音が聞こえます 前にこういうギターを弾いてみましたが、いいかげんなようで格好良く聞こえるにはかなり工夫が必要です この後に出た「Perdition」が有名でラフィン・ノーズの曲にもありますね

DISORDERはCAHOS UKと並び日本のハードコアバンドに最も影響を与えたバンドではないでしょうか まあ同時期に日本でもハードコアバンドが生まれていますのでお互いに影響しあったというのが本当かもしれませんね 大好きな九州のCONFUSEやGAIなどのバンドはかなり音的には似てますし 同じハードコアでもDISCHARGEとは違ったちょっとふざけた感じで、街のにいちゃんがバンドをしているイメージがあります それはジャケットなどにも表れており、落書きのような絵や自分たちの思いが書かれています 

格好つけたバンドもいいのですけど、こういったちょっとふざけたバンドもとても素晴らしいですね 等身大の(と書くと恥ずかしいけれど)演奏と主張が今でも感じられます このときのメンバーはおそらく20代前半 日本のバンドとイギリスのバンドが最も近づいたのはこの時が最初かもしれません いつまでもできない音楽ではあるかもしれませんが、いつまでも続けてほしいものです

disorder.jpg

disorder1.jpg


1983 DISORDER RECORDS ORDER4

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2008/12/08(月) 11:16:55|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

こはるカプセル

Author:こはるカプセル
はじめまして
シングルレコードが大好きです 集めたシングル数千枚
シングルのジャケットっていいですよね
モットーはジャンルにこだわらないレコード収集です
よろしくお願いします

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。