こはるカプセルのレコード集め

シングルレコード大好きのこはるカプセルが収集したレコードの紹介をします。ジャンル関係なく集めた大好きなシングルレコードたちです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

INTERESTING DRUG / MORRISSEY

今日のシングルレコードは INTERESTING DRUG / MORRISSEY です 自分の中ではTHE JESUS AND MARY CHAINと双璧をなすTHE SMITHSのMORRISSEYのソロです

自分はソロアーティストよりはバンドの方が好きで、ルー・リードよりもVELVET UNDERGROUNDだし、デビッド・ボウイよりもTIN MACHINE(これは違うか)イギー・ポップよりもSTOOGESなんですね MORRISSEYの場合もTHE SMITHS解散後はあまり熱心に聴いてはいなかったのです 

THE SMITHS解散をフールズメイトで読んだ自分は、終わってしまったと思ったのでした THE SMITHSの魅力は声とギターとタイトなリズムセクションだと思っていたからです ギターのリフが独立して鳴っているようでバンドとしてはまとまっているアレンジ 

で、このシングルのPVをたまたま見てすぐに買ったのです 番組はたしかポッパーズMTV(表記が合っているか分かりませんが)だったような
クレジットを見るとプロデュースはSTEPHEN STREET、バックはリズム隊はアンディー・ルークとマイク・ジョイス、ギターにクレイグ・ギャノン、なんて素晴らしい(ギターはもう一人NEIL TAYLORがクレジットされてます)おまけにKIRSTY MACCOLLまで参加してます(亡くなって残念です) 曲も往年のTHE SMITHSを彷彿とさせる素晴らしい曲です みんなに聴いて欲しいなあ

この素晴らしかったMORRISSEY/STREETは長く続きませんでしたが、MORRISSEYは来日公演までして頑張ってますね

morrissey.jpg

morrissey1.jpg

1989 EMI POP1621
スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2008/11/22(土) 08:51:11|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5時15分 / THE WHO

今日のシングルレコードは 5時15分 / THE WHO です これはWHOのシングルというよりは「さらば青春の光」のサウンドトラックのシングルカットです 特に普段は来日とか意識していませんが、今回WHOの来日ということで選んでみました

まずはモッズという文化が分かっていないといけないと思うのですが、50年代から60年代のイギリスの若者文化ということなのですが掴みにくいですねえ
まず想像するのは細身のスーツやパーカーなどのファッション そして音楽の好みとしては黒っぽい音楽 アメリカの黒人のR&Bやソウルなどでしょうか そしてそこから生まれてきたのがWHOやSMALL FACES,SPENCER DAVIS GROUPなどですね

ジャケットにもありますが、異常な数のミラーを着けたスクーターもありますね 友達でもベスパとか乗ってましたけどこれはモッズを意識していたのかどうかは分からないですが そういったファッション性は日本にも確実に伝わっていますね イギリスでもネオ・モッズ・ムーヴメントがあってMODS MAYDAYのジャケットのすごいスクーターからもそのリバイバルの熱さが伝わってきます

で、肝心のTHE WHOなのですが、やはりパンクオリジネイターというかライブは衝撃です 60年代からすでにパンクです キース・ムーンのドラムは独特でなかなか後継者がいないですね 同じ口径のタムを多用している人は珍しいですね 見た目ちょっとおかしいですね ツーバスで大きな口径のタムを4つ、ときには5つ、普通ではありません ピート・タウンゼントはどれくらいビンテージギターを破壊したのでしょうか いま50年代60年代のビンテージギターが高騰しているのはピート・タウンゼントのせいかも

いまはサポートとしてリンゴ・スターの息子のザック・スターキーがドラムを叩いてますね THE SMITHSのジョニー・マーともバンドを結成してましたけどどうなったのでしょう
who.jpg

who1.jpg




1979 ポリドールレコード DPQ6172

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2008/11/21(金) 08:16:32|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SOME CANDY TALKING EP / THE JESUS AND MARY CHAIN

今日のシングルレコードは SOME CANDY TALKING EP / THE JESUS AND MARY CHAIN です 世界で一番かっこいいバンド 語っても語り尽くせないほど大好きなんです

クリエイションから出たシングルはリアルタイムでは聴いてなくて、ジェフ・トラヴィスがWEAと設立したA BLANCO Y NEGROからの1STアルバムが最初でした アルバム全編を通じてフィードバックの嵐 まるで風呂場で録音したようなこもったエコーサウンド その当時はハードロック、ヘヴィーメタル全盛でそのような音楽に刺激を求めていた自分は、THE JESUS AND MARY CHAINを聴いて全てが変わってしまったのです 乾いた歌にハウリング きれいな曲も激しい曲もすべてノイズの中に埋まってしまっています 

シングルを選ぶにあたってどれにしようか考えたのですが、このシングルにしました リード兄弟が、けしの花畑で立っているこのデザイン 後進のバンドにも映像的に多大な影響を与えているのでは 本人たちはそれほどドラッグを意識しているようではないですけど 

スコットランド出身ということですが他のバンド、例えばアズテックカメラなどとの交流は皆無のようです 初期にプライマル・スクリームのボビーがドラムで参加してましたけど ボビーもマレットを使ったスタイルで、ここにもVELVET UNDERGROUNDの影響を感じますね

恥ずかしながら高校生のときに、なんと学園祭で一曲だけ演奏したのですね フィードバックするようにギターアンプを向かい合わせにして しかし、すぐにPAの人に音を下げられてしまいました そのときはファズとかもあまり知らなくてアンプに直結に近い形で演奏したのでしょぼしょぼでした

第一パンク世代を知らない自分たちにとっては、よく言われていることですがTHE JESUS AND MARY CHAINがSEX PISTOLSだったのですね アラン・マッギーがマルコムに例えられるように ブートなどで聴くライブの演奏はめちゃくちゃです 自分たちは演奏力は無いと本人たちも言っている通りです しかし演奏力ではないのです スタンスというかはずかしい言い方をすればアティチュードなのでしょうか

「僕たちは最低だった でもいつも星を見上げていたんだ」という言葉が1STアルバムのライナーに書いてありました
jesus1.jpg

jesus.jpg




1986 A BLANCO Y NEGRO RECORDING NEG 19 (248650-7)

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2008/11/20(木) 09:43:28|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

恋するふたり / ニック・ロウ

今日のシングルレコードは 恋するふたり / ニック・ロウ です 大好きなニック・ロウのシングルです このシングルはセカンドアルバムからのカットですね

ニック・ロウと言えば、イギリスパブ・ロック界の大御所です パブ・ロックと言えばデイブ・エドモンズ、ニック・ロウ、エルビス・コステロの3人ですね(自分だけの中ですけど、順番もこうですね)エルビス・コステロは紹介したのですがデイブ・エドモンズはまだなんですがシングルレコード持ってたかなあ

このシングル曲(CRUEL TO BE KIND)はブリンズレイ・シュワルツ時代の曲ですね かと言って古くさい感じはぜんぜん無くてさわやかなイメージがありますね いい曲です このアルバム自信はニック・ロウのソロアルバムですが、バックは全面的にロックパイルのメンバーが担当しているのでロックパイルのアルバムのようなもんでしょう

パブ・ロックという概念が日本では受け入れにくいのか、日本ではマイナーイメージがありますけど、パンク、ニューウェーブに与えた影響は大きいでしょうね というかスティッフ・レーベルを設立したからまあその存在は大きいですね 

聞きやすいけどどこかひねくれた曲は非常に楽しいですね このひねくれた感覚というのはイギリス特有のユーモア精神なんでしょう

このジャケットのニック・ロウはまるでポール・マッカートニーみたいですし、曲もなんだか同じ雰囲気を醸し出してますね
ニック・ロウ

ニック・ロウ1



1979 ワーナー・パイオニア株式会社 P-485F

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2008/11/19(水) 17:02:23|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬夢 / 夢幻

今日のシングルレコードは 冬夢 / 夢幻 です 日本のプログレッシブロックの金字塔 夢幻の限定シングルです 豪華な作りになっておりますね 

日本のプログレというとけっこうハードロックやメタル寄りの音で、所謂プログレハードが多いのですが(そっちも好きです)、夢幻はそういう音ではなく、シンフォニック系の大御所ですね リーダーの林克彦さんがほとんど全ての曲を作られてますね 

まだ私が東京にいるころには、活動されていました ちょうどキングレコードから日本のプログレのバンドの音源も発売されたりというころでした 残念ながらライブは見たことがないのですが、緻密な音の空間やシンフォニックな音をライブで再現するのは大変だったのではないでしょうか 今でこそ機材も高性能化してますが、モノシンセをたくさん扱うのは大変だったでしょうね 前にどこかの楽器屋でメロトロンの中古を見かけたことがあったのですが、前の所有者が林克彦さんという風に書いていました 

メロトロンというのはアナログの極地のような鍵盤楽器で、鍵盤を押すと鍵盤に連動したテープが再生されるというものです 不安定な音が逆に魅力になっていますが、構造上の問題でけっこうメンテナンスや修理が必要みたいですね 今で言うサンプリングを行っていたのですね ただ今でもけっこう使用している人はいますね

夢幻は何枚かのアルバムを残していますが、これが全て傑作というか好きですね 今ではゲームなんかの世界観で使われていますが、妖精、魔法、オペラ、クラシックのような世界観があり、聴くとどんどん引き込まれていきます

このレコードではドラムに引頭英明さんベースに長嶋伸行さんとPAGEANTのリズム隊を迎えています

知り合いのレコード屋さん(アナログのみ)に夢幻の自主制作シングルがあったので欲しいなあと最近思っています

リーダーの林克彦さんは現在ガーデンシェッドというお店でプログレの音源を紹介されています いつか行きたいなあ
夢幻
夢幻2



1984 made in japan records MIJ-1008
  1. 2008/11/18(火) 08:28:54|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プローラー ランニング・フリー / アイアン・メイデン

今日のシングルレコードは プローラー ランニング・フリー / アイアン・メイデン です このシングルはイギリスでも1stシングルです イギリスではランニング・フリーがデビュー曲となります 現在でも精力的に活動してますね

ファーストなのでボーカルはポール・ディアノですね イメージ的にはボーカルはブルース・ディッキンソンという感じなのですけど、その前ですね 自分がミュージックライフやBURRNなんかの記事を読んでいたのがブルース・ディッキンソンなのでそう思いこんでました

音的にはNWOBHM(New Wave Of British Heavy Metal)の代表みたいに言われますが、けっこうパンクのイメージもあり、演奏はうまいけどけっこうパンキッシュな感じもあります 後期になってくるとやはり様式美のようなイメージで変則的なリズムや複雑な曲も多いですね まあ最初のころが好きなんですけどね

このシングルはいわゆるドーナツ盤ではなく、イギリス盤のシングルのように通常の穴が開いているシングルです 盤そのものはイギリス盤なのかと思いましたが、ちゃんと日本語のクレジットが入っているので間違いなく日本盤ですね サンプル盤も見たことがあるのですが、そちらは白ラベルドーナツ盤でしたね どういう経緯か分からないですけど このシングルもリアルタイムよりも少し後になって買ったもので中古だったので、本当に流通していたかどうか分かりませんね あんまり出ていても売れてないでしょうね 

アイアン・メイデンと言えば ツインギターですが、憶えているのはエイドリアン・スミスとデイヴ・マーレイのころですね このシングルのことを書こうと思ってギター好きの友人と話していたら、デイヴ・マーレイモデルの話で盛り上がりました 基本は黒いストラトなんですけどピックアップはハムバッカーというタイプですね 

ハードロックやヘヴィーメタルのバンドもけっこう好きなんですけど、どうもステージの衣装でタイツみたいなものを履いているのが苦手です 普通の格好の方が格好いいのになあ

iron maiden1

iron maiden2

1980 東芝EMI EMS-17075

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2008/11/12(水) 10:30:36|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ロキシー・ストランド / ロキシー・ミュージック

今日のシングルレコードは ロキシー・ストランド / ロキシー・ミュージック です ロキシー・ミュージック初の日本盤シングルです なんという素晴らしいジャケットでしょう ほれぼれしますね

ジャケットでまあ嫌でも注目してしまうのが、ブライアン・イーノ このころのイーノはまあちょっとすごいですね 中性的で化粧ばりばりで、ライブなどでも目立っていてアイドルだったそうな まあ若気のいたりということですかね 演奏そのものはなんだか無茶苦茶でモノシンセの発信音を、無理矢理に曲に合わせているような感じですね 当時のライブとか聴いてみたいですが 脱退後の彼の活躍は書くまでも無いのですが、ソロ作品の「Taking Tiger Mountain」の1曲からヤング・マーブル・ジャイアンツのバンド名が取られています それ以降はアンビエントな作風が多いですよね

バンドそのものはグラムロックという位置づけをされていますが、聴くとまったくグラムロックではないですね 当時のデヴィッド・ボウイのツアーの前座などをしているので同じくくりにされてしまったのでしょうか まあこのジャケットもグラムと言えばグラムかなあ、と ブライアン・フェリーなどはちょっとインチキなエルビス風になっておりますね 

途中、UKのエディー・ジョブソンが加わったりサイモン・フィリップスも参加したりとかなりプログレ人脈も多いですね 音はそれほどプログレッシブな感じは無いですけどね 実際にリアルで聴いたのが"Avalon"なので、デビュー当時のイメージはあまり分かりませんが、後期のポップでコンテンポラリーな曲からするとかなり73年当時はすごかったんだろうなあと思います

ブライアン・イーノのことばかりつい書いてしまいましたが、裏ジャケットに見えるフィル・マンザネラの蠅のようなメガネも忘れられません
roxy music01

roxy music02



1973 キングレコード株式会社 HIT-5016

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2008/11/05(水) 17:30:48|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

The La's / There She Goes EP 

今日のシングルレコードは The La's / There She Goes EP です 言わずと知れた名曲です これは1988年のオリジナル盤です 東京にいたときにリアルタイムで購入しました これはジャケットの背景が青ですが、確か赤もあったような気がします 再発盤は白い別のデザインですね

デビュー直後にしてこの完成度 素晴らしいですね この曲は文句なく名曲ではありますがアルバムの曲や他のシングルもとても素晴らしいですね 本人たちは勝手にミックスされて怒っていますけどね 曲は本人たちのものなのですけど、聴く方としてはもっとたくさんの作品が聞きたいので、あんまり怒らずにレーベルと相談して自分たちの納得のいく作品を完成してほしかったですね

短い活動期間でしたけど、いまでも影響を受けたというミュージシャンも多いバンドです 改めてジャケットを見るとメンバー若いです ジョン・パワーはCASTで活動してましたけどやっぱりちょっと違うんですね 素晴らしいバンドにはマジックがあるということでしょうか

ロックではあるのですが、カントリーやフォークにも影響された楽曲はすごく和みますね GO!DISCSは7インチのBOXなども出していましたが(『フィーリン』)なんか商売に走っていたのか、それもバンドの寿命を縮めたような気もしますね 

2005年に再結成を果たしましたが、その後の活動はどうなったのかな 先日、新宿のディスクユニオンでアルバム『ザ・ラーズ』の再発盤を見ました 確か一度も再発されてなかったのかな There She Goesのシングルも新たなジャケットで再発されておりました いいものはいつ聴いても良いですね
las.jpg

las2.jpg


1988 GO! DISCS LASEP2

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2008/11/04(火) 14:08:14|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

こはるカプセル

Author:こはるカプセル
はじめまして
シングルレコードが大好きです 集めたシングル数千枚
シングルのジャケットっていいですよね
モットーはジャンルにこだわらないレコード収集です
よろしくお願いします

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。