こはるカプセルのレコード集め

シングルレコード大好きのこはるカプセルが収集したレコードの紹介をします。ジャンル関係なく集めた大好きなシングルレコードたちです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おそうじオバチャン / 憂歌団

今日のシングルレコードは おそうじオバチャン / 憂歌団 です 関西ブルースの巨人、憂歌団のファーストシングルです このレコード自体はどこかのレコードマーケットで買った記憶があるのですが、なんと木村充揮さんご自身にサインをいただきました 

友達のブルースバンドが木村充揮さんのソロコンサートの前座をしているという素晴らしい出会いで、お会いしたときにサインいただきました 2年前くらいのことなので、ご本人もいたく懐かしがっていただきました 現在ではソロやユニットで大活躍されておりますね UAの「アントニオの唄」にも参加されてますね

憂歌団はブルース・バンドの日本訳なのですよね 中学生くらいのときになんて読むんだろうと思いましたけど そのまま読めばいいのですね 

この曲は放送禁止扱いにされていますね 放送禁止と言っても自主基準なのでどれくらいのものだったか分かりませんが、歌詞の中の一部分が問題だったとのことですが、特に普通のことが歌われてますけどね というかブルースという観点から見れば労働者の毎日を憂うような、実に日本的なブルースだと思いますが いつの時代も頭の固い人がいるということですね

ソロのライブを見に行ったときに買った木村充揮さんの30周年を祝うアルバムには、この曲が再録されていました 随分ゴージャスな音になっておりましたが木村充揮さんのお声はちっとも変わらず素晴らしかったです ライブではメンバーで60歳になったらもう一度集まってやろうと言っているとおっしゃってたので楽しみですね
憂歌団

憂歌団2



トリオ株式会社 3A-144 1975 

スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2008/06/20(金) 10:55:28|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

nothing natural / lush

今日のシングルレコードは nothing natural / lush です イギリスの大好きなレーベル4ADからのリリースです いわゆるシューゲイザーと言われたバンドですが、実際の音は違っています 初期の音はコクトーツインズ+JESUS&MARY CHAINといった感じで、かなり変拍子も使っていますね まあCOCTEAU TWINSのギタリストのロビン・ガスリーがプロデュースを担当しているから当たり前か

なんと言ってもフロントの日本人とハンガリー人のハーフ、ミキちゃん 当時でもあまり見ない真っ赤の髪で目立っていました ギター2本が女性でリズム隊が男性2人という変わった構成でした ギターは2人ともかなり深いディレイのかかったきらきらした音と歪み系を使い分けています ライブなどでもかなり頻繁にペダルを踏んでいるようすです ライブでも忠実に轟音ギターが再現されております

最初期の"Mad Love ep" が大好きでよく聴いていたのですが、このころは12インチのリリースしか無く、このシングルが初めての7インチだと思います この曲はかなり叙情的な透明感のある曲でいいですよ ジャケットも上下逆のようですがこれで合っています

後のLovelife(LUSHのロゴが変わったころ)からは少し音楽性も変わり、前よりもソリッドなイメージになりました これはこれで好きですけど初期が好きですね、やっぱり この頃には7インチも出ておりましたね このころ出たオムニバスのライブ盤にLUSHの演奏が入っておりすごく完動した憶えがありますね ドラマーのクリスの自殺によって残念ながら活動停止してしまいました 本当に残念です

ミキちゃんはブラウンサンバーストのEPIPHONEのELITEシリーズの12弦セミアコを使っていますけど、実はわたくしも同じギターを持っているのでした 色はチェリー・レッドですけどね

lush.jpg

lush2.jpg

4AD ad1016 1991

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2008/06/03(火) 09:34:22|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デーデ / エレファントカシマシ

今日のシングルレコードは デーデ / エレファントカシマシ です 80年代の最後に出たエレファントカシマシの最初にして最後のアナログレコードになります その後のシングルは全部CDのフォーマットですね 2枚目のふわふわなども同じ1988年に出ているのですがどうもCD規格しかないようです もちろんCDも廃盤なのですが

同級生のバンドということでかなりメンバー間の意思疎通ができているイメージがありますね アメリカとかでもそうですけどやっぱり同級生っていうのは大事ですよね もちろん後になってから入ったメンバーでもものすごくバンドにはまっている人って多いですけど 同級生とかで出来ているバンドにメンバーチェンジとかあるとうまくいかないのはなんか分かる気がしますね 後で入る人も気を遣いそうです

エレファントカシマシはデビュー当時の野外のイベントライブをテレビで見たのですが、演奏のタイトなことと、宮本くんの特異なボーカルで好きになりましたね なんと言っても高い演奏力が記憶に残っています やはり中学とかから一緒に演奏していると気のあった演奏になるでしょうねえ

宮本浩次さんは子供のころにNHKの合唱団に所属しており、なんとレコード『はじめての僕デス』とか出してますね たまにヤフーオークションなどで見かけるのですがどうなんでしょうかね 今と同じ歌い方だとおもしろいな

レコード会社も変わったり、メンバーの病気などありましたけど、今でも一線で活躍しているのはすごいですね 『今宵の月のように』などは売れたけどなんだか昔とは違っていて違和感があったなあ これはこれで好きでしたけど 音楽性はかなりころころ変わっていくイメージがありますけど、やはり事務所とかの意向もあるんでしょうねえ そんなものに負けずに自分たちの好きなものをつくってほしいです どうも○ッキングオンとかの人たちが邪魔している気がしますがそれは私の思い過ごしでしょうか

エレファントカシマシ

エレファントカシマシ2


1988 EPIC/SONY INC. 07-5H-3017

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2008/06/02(月) 11:41:28|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

こはるカプセル

Author:こはるカプセル
はじめまして
シングルレコードが大好きです 集めたシングル数千枚
シングルのジャケットっていいですよね
モットーはジャンルにこだわらないレコード収集です
よろしくお願いします

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。