こはるカプセルのレコード集め

シングルレコード大好きのこはるカプセルが収集したレコードの紹介をします。ジャンル関係なく集めた大好きなシングルレコードたちです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

微熱なキ・ブ・ン / ヒルビリー・バップス

今日のシングルレコードは 微熱なキ・ブ・ン / ヒルビリー・バップス です 日本のロカビリーです メジャーデビューしているのでご存じの方も多いでしょう このシングルはそのデビューシングルになります 

デビュー当初はかなりアイドル的な売り方をしていますが、演奏力は素晴らしく、楽曲のクオリティも高いです この曲はBAN16のコマーシャルに使用され、中高生の女の子ファンをつかんだのでしょうか テレビで見て、問い合わせをした記憶があります かなり昔ですけどね

メジャーデビュー前はかなり本格的なロカビリースタイルだったようですね レコード会社か事務所の思惑でアイドル化させられた彼らの気持ちはどうだったのでしょうか ただ、しっかりとした演奏力ゆえ、忌野清志郎などとの交流もあり、楽曲も提供されていましたね ベースの川上剛は後のTIMERSにも参加しています THE VINCENTSも結成しています THE VINCENTSも解散してしまいましたがごりごりのスタイルで格好よかったです

人気絶頂の中、ボーカルの宮城宗典さんが突然の自殺 当時かなりの衝撃でした 3月31日に放送された主演テレビ番組『ヒルビリー・ザ・キッド』はそのまま放映され最後に「宮城君の愛した音楽は永遠に残ります」のテロップが出たのですが、次の日が4月1日ということもあってファンの間ではいろんな憶測が流れたとのことです バンドは2代目ボーカリストを迎え、存続しましたが人気はあまり出なかったですね 

今聞いてもわくわくするようなはじけた曲はとても素晴らしいです バンドも志半ばでしたが、その素晴らしい音楽が残されました 本当にいいレコードです

ヒルビリー・バップス

ヒルビリーバップス2

1986 KITTY RECORD 7DS01111

スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/31(月) 11:02:55|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

supersonic / oasis

今日のシングルレコードは supersonic / oasis です creationからのデビューシングルですね このシングルは大阪のレコード屋さんで購入しました なぜ憶えているかというとちょうど発売された直後くらいで探していたのですが、そこのレコード店でたまたま2枚見つけたところ、ばったりと友人の女の子もそこに来ていて1枚づつ買ったからなんですね

大物の風格はありますが、まだ若いですね ここからはじまったのですね creationは結局潰れてしまったけど このシングルは12インチもあってそちらにはライブも収録されており( I Will Believe)、そのライブは大好きでよく聞いたものです Supersonicはそれほど好きな曲ではなかったですね ライブで収録の I Will Believeはかなりビートルズみたいだなあと思いました 

今では大金持ちのOASISですが、どちらかと言うと初期の"ボーンヘッド" がいたころのOASISが好きです というかギャラガー兄弟の濃い顔が苦手なんです ビッグマウスだしね お金持ちになってビッグマウスだとどうもいやらしい雰囲気がして良くないなあ

ジャケットでは練習風景かスタジオでの写真ですが、床にさりげなく置いてあるROLAND SPACE ECHO RE-202がいいですね 私も愛用しておりますよ ギターに使っているんでしょうね 今ではライドのアンディ・ベルがベースなので分からないものです マンチェスター(イギリス)のバンド相関図では残ったバンドにみんなが集まってきてますね プライマル・スクリームにもストーン・ローゼズのマニやマイブラのケヴィン・シールズが参加したりとなんか新バンドとかはあんまりないですね

OASISはシングルは必ず7インチも出すので、見かけると買うようにしております 最近限定盤も増えてきて買いにくいなあ 本国で人気あるのであまり日本に入ってこないのかな

OASIS.jpg

OASIS2.jpg

CRE176 1994 CREATION RECORDS

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/30(日) 11:14:21|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GOODY TWO SHOES / ADAM ANT

今日のシングルレコードは GOODY TWO SHOES / ADAM ANT です これは完全なクラブヒット曲で、イントロだけで心もはずみます ADAM ANTの曲の中でも特にはずむ曲で、けっこういろんなところで使われたりしてますね はねるリズムと華やかなホーンが使われたいい曲です かなり昔にベストヒットUSAでプロモーションビデオを見ましたよ

ADAM ANTも最初はパンクの世界から来ましたが、まあマルコム・マクラーレンなどの手によりいろいろと音楽性を変えられ、一時はかなり極物っぽいイメージがあったのですが、イギリスではずっと人気あるようですね 今思えば、パイレーツ・オブ・カリビアンの海賊ファッションやメイクもキース・リチャーズなんでしょうけど、ADAM ANTなんかも参考にされてないのかあと思います

このシングルはソロになってからの曲なんですが、レコードの中と外でクレジットが違っていたり、ソロになる過程でのシングルレコードなんでしょうね Adam and the Antsという表記もされています 解散前のイメージは海賊ファッションで、プロモーションビデオもそういった感じで作られていますね

裏ジャケットにも映っているマルコ・ピローニが素晴らしいギターを弾いています 彼のギタースタイルといい、ADAM ANTのボーカルスタイルといいかなりロカビリーからの影響が見えますね ネオロカのシーンとは全くかぶっていませんが、彼の影響を受けたバンドはけっこういるのではないかと思います

このシングルはたまにある仕様で、広げるとポスターになっています やはりちょっとアイドル的な売り方をしてるんですね ピクチャースリーブがもったいないのでポスターとしてはもちろん使いませんけどね このシングルは日本盤も出ているので欲しいなあ

ADAM ANT

ADAM ANT2


1982 CBS A2367 CBS RECORDS

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/29(土) 08:11:41|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MAKE A CIRCUIT WITH ME / POLECATS

今日のシングルレコードは MAKE A CIRCUIT WITH ME / POLECATS です ネオロカブームの火付け役のPOLECATS かなり後期のシングルですね ロカビリー色は割と少なくて、スラップもほとんど聞こえません しかし名曲です ロカビリーを越えたポップな曲に素晴らしい演奏と歌 最高傑作ですね

火付け役とは言え、それほど一般的ではなかったPOLECATS 解散したり再結成したりと忙しいです 1STアルバムも無事にCD化されたようですね 前に見たときはこのシングルがボーナストラックで収録されていましたが現行のバージョンはどうなんでしょうか

一時はロカビリー好きのモリッシーのバックバンドをやっておりました 今は分からないのですがそのころのライブがビデオになっているはずなので見てみたいなあ 

ネオロカブームのときはやたらカバー曲が流行ってまして、POLECATSもT-REXやDAVID BOWIEのカバーをしておりますね このシングルよりも前のシングルに収録されています そのときははっきり言って好きだったのですが、演奏力がともなってなかったような でもとっても好きなカバーです このシングルはカバーじゃなくてオリジナルですけどね 後にはプリンスのカバーもやってたなあ

後期になってからは日本のVINYL JAPANさんからの再発や新譜の発表してたのですが、もしかしてネオロカブームって日本だけのものだったのでしょうか 当時たくさんのレコードを買いましたけどその中でもPOLECATSは一番ポップできらきらしておりました ネオロカでもサイコっぽいものなんかもけっこう多かったのでその中では飛び抜けてポップでしたね 今でもけっこう聞きますよ 

POLECATS.jpg

POLECATS2.jpg

1982 POLE4 PHONOGRAM

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/26(水) 13:23:38|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

HAND IN GLOVE/ SANDIE SHAW

今日のシングルレコードは HAND IN GLOVE/ SANDIE SHAW です このシングルは60年代の裸足のアイドルSANDIE SHAWとthe smithsの夢のカップリングです モリッシーがSANDIE SHAWの大ファンで実現したようです

モリッシー抜きのthe smithsの演奏で楽しそうに歌っています そのラインナップでテレビ出演もしたようでいろんなところでそのときの映像が見られます もちろん曲はthe smithsのHAND IN GLOVEなのですが、またぜんぜんちがってものすごく幸せな曲に聞こえるから不思議ですね ジョニー・マーもいつもより楽しそうに見えるのは気のせいかな

ジャケットの仕様も本家the smithsと全く同じ作りになっており、素晴らしいです 12インチは国内盤も出ていますね モリッシーが大ファンなのに共演していないのは少し残念ですけどね

ROUGH TRADEもこのころは企画ものをするだけの余裕もあったのですね とってもよい企画でした テレビ出演を見てもSANDIE SHAWの歌声は昔と変わらず素晴らしいですね 

昔、東京であったスミスナイト(一晩中THE SMITHSしかけないクラブイベント)でもこの曲はかかっていましたよ

SANDIE SHAW

SANDIE SHAW2


1984 RT 130 ROUGH TRADE

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/25(火) 08:11:58|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BUDDY HOLLY / WEEZER

今日のシングルレコードは BUDDY HOLLY / WEEZER です 1994年発売の1stアルバム『Weezer』からのシングルです ちょっと変わった仕様になっていて、中のレーベルが見えるような作りになってますね 大阪で買いました

1stアルバム『Weezer』はどの曲もとってもいいのですが、特にこの「BUDDY HOLLY」はいいですね いきなりサビからはじまるような曲構成と唄 そして粘っこい演奏 この頃、こういったもたったリズムが好きで、同じころにイギリスのSLEEPERが同じようなもたりで大好きでしたね

本当にポップというか、良い曲です The Cars(カーズ)のリック・オケイセックがプロデュースなので独特のポップ感と粘るような音が発揮されています The Carsにも通じるところがあるかな 

日本でもなんだかちょっとアイドル的な売れ方ですね まあ日本好きだとか、リヴァース・クオモが日本女性と結婚したとかまあいろいろ理由はあるのでしょうね 2NDは日本でだけ売れたらしいですしね WEEZER人気のころから日本でも普段着のメガネの青年というバンドが増えてきたような ギターバンドだとある程度、影響力はあるんでしょう

さっき、演奏のもたりを書きましたけど、かなり初期のライブ音源を聞くことがあったのですが、どうももたりもわざとじゃなく、本気というか、かなり演奏力に疑問が残るものでした 特にドラムはずっこけるくらいだったなあ だからといって嫌いではなく、逆にそういうところが好きなんですけどね 格好いいね

1stアルバム『Weezer』のジャケットはどう見てもFEELIESのアルバムを意識していると思いますね さらに言えば日本のチャットモンチーのアルバムも同じだなあ 本人達は意識してないでしょうけど

WEEZRE.jpg

WEEZER2.jpg


GFS 88 GEFFEN RECORD 1994

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/24(月) 08:13:37|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NO PLACE TO GO / my bloody valentine

今日のシングルレコードは NO PLACE TO GO / my bloody valentine です まだLAZYよりも前のFEVERからのシングルです このころの音はサイケでダークな感じで、メンバーもちょっと違いますね

このレコードもガレージ色爆発で今後の「シューゲイザー」への展開はほとんど予感できません

今は残念ながら活動停止状態ですが、なんとか頑張ってレコーディングしてほしいですね LAZYからレコードを出したときはちょうどTHE PRIMITIVESもいましたし、同じ路線で聞いていましたけど、CREATIONに移籍してからは大爆発 恐ろしい曲を書くようになりました CREATION時代のものももちろん大好きなんですが、個人的にはLAZYのころのポップで明るいけど微妙に崩れそうな曲調が好きです

ケヴィン・シールズのギターが取り上げられますが、ビリンダのボーカルあってこそのような気もしますね コルムの性急なドラムも印象的ですし CREATIONからのIsn't Anythingのとき、コルムは骨折していて、ほとんどサンプリングしたコルムのドラムをつぎはぎして製作したという話を聞きますが本当なのでしょうか 

今後の活動が期待されるバンドですが、これだけ空いてしまうとなかなか難しいでしょうね バンドはライブもしてないとただのレコーディングユニットになってしまいそうですし 

発売当時、「グライダー」のアンディ・ ウェザオールMIXはものすごくドラッギーでクラブのフロアを湧かせました また聞いてみよう

my bloody valentine

my bloody valentain2

1985 fever FEV5

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/22(土) 07:54:40|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

flowers / EGO-WRPPIN'

今日のシングルレコードは flowers / EGO-WRPPIN'です 1996年 中納良恵さんと森雅樹さんで大阪で結成されたユニットです 良くも悪くも(悪くはないですね)大阪らしいユニットかなと思います このシングルはかなりジャズ寄りの曲で、全くの無国籍サウンドです 

このシングルは多分海外でプレスされたんではないかと思うのですが、ちょっと後半針飛びするところがあって残念です 針圧を上がると大丈夫なんですが

大阪は昔からジャズや歌謡曲、そして最新の打ち込みサウンドまでごった煮の魅力がありますが、このEGO-WRPPIN'もそういった深い魅力を感じます まず中納良恵さんの圧倒的なボーカル、これにつきるでしょう よくこれだけのサウンドに負けない唄がうたえるなあと感心します 大阪出身で言えば大西ユカリさんとも通じるところがありますね 

このシングルは2000年に発売された名作「色彩のブルース」からカットされたもので、EGO-WRPPIN'はかなりクラブを意識しているのか、アナログも必ず出ますね
そして2002年には「くちばしにチェリー」が大ヒット このシングルは10インチでアナログがカットされています

ライブではホーンセクションなどを加えたバンド編成ですが、かなり熱いライブを展開しているみたいで、是非見に行きたいものです 東京、大阪での活動が多いのでなかなか難しいのですけどね 多分、ライブの方が魅力を発揮できるのではないでしょうか

今まで出たアルバム、シングルともジャケットもすごく格好いいですよね

EGOWRAPPIN.jpg

EGOWRAPPIN2.jpg

2000 MIRROR BALL/RD RECORDS RDBV-009   

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/21(金) 08:51:26|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PLUS CHICKER EP / POLYSICS

今日のシングルレコードは PLUS CHICKER EP / POLYSICS です これは彼らの2ndシングルでしょうか まだインディーズ時代ですね このころはかなりきわもの扱いされていたような気がしますが、今では立派なビッグネームですね

初期のころの音で今よりもかなりエレポップな雰囲気です ライブとかではかなり熱いというか、パンキッシュなアレンジなのでしょうけども、スタジオものはやはりdevoかな このバンドもアメリカでの評価が高く、けっこう早いうちから向こうでリリースしてましたね 

サマーソニックでは本家devoと共演 正統な後継者と言われたとか おもしろいなあ ここのところテレビなどでも見ますが、音的にはすでにdevoではなく完全にオリジナリティを確立していますね 

バンド名の由来でもあるコルグのpoly-6は私も使っていたことがありますが、いま思えばかなり重くて大変でしたね 当時ローランドのJUNOシリーズなんかと人気を分けておりました コルグの方がちょっと高かったイメージがありますけどどうなのかな

女性メンバーも2人いて格好いいですよね この女性メンバーがまたクールで格好いい ドラムもうまいしね 一時期SNAIL RAMPのイシマルがドラムで参加しておりました こういう打ち込みと同期することが必要なバンドはドラムが本当にきもで、ここがしっかりしてないと曲がめろめろになってしまいます 

プロモーションビデオはメンバーの好みか、はたまたアメリカというか海外向けのためか、日本の特撮、アニメイメージ全開で作られています どれもおもしろいです

POLYSICS.jpg

POLYSICS2.jpg


1999 DECKREC DCRC0002

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/20(木) 07:57:32|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MR BRIGHTSIDE / THE KILLERS

今日のシングルは MR BRIGHTSIDE / THE KILLERSです このところ日本でのTHE KILLERS人気はすごいですね 『リード・マイ・マインド』のプロモーションビデオは東京で撮影されていて、とてもおもしろいですね 歌舞伎町の交差点とかでてきますね ガチャピンも出てくるけど 

一応アメリカのバンドですけど、やはりヨーロッパというかイギリスっぽいイメージ、ゴシックなのですかね、そういうイメージが強いですね もともとNEW ORDERのビデオの中の架空のバンドの名前からバンド名を拝借しているのでまあ好きなんでしょうね

音楽的にもガレージという感じではなく、どちらかというとシンセサイザーなどを多用してけっこうポップな音ですね

このシングルもけっこう売れてますが、どちらかというとイギリスの方で人気があるのでは イギリスにはもうイギリスっぽいバンドが少なくなってきたのでしょうか

日本にも同時期にオセロの松島のバンドがあってややこしかったのですけど、そちらは解散したのでもう混同する人もいないでしょう 

知り合いの中でも圧倒的に女性ファンが多く、その点はけっこうアイドル的なバンドなのかもしれませんね アイドルの割には髭のメンバーが多いような気もしますけど

2007年にはグラストンベリー・フェスティバルで1日目のアークティック・モンキーズとともに2日目のヘッドライナーでした

KILLERS.jpg

KILLERS2.jpg

2004 THE ISLAND DEF JAM GROUP LIZARD010X

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/19(水) 08:40:33|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Se Voce Pensa / 野本かりあ

今日のシングルレコードは Se Voce Pensa / 野本かりあです 彼女の最初のEPになるのでしょうか 小西康陽さんプロデュース作品ですね 小西康陽さんのミックスというかプロデュース作品はあまりに小西さんの個性が出てあまり個人のキャラが無くなってしまう感じがします

この作品もすごくよくできているのですが、購入当時は野本かりあさんそのものをあまり知らないこともあって、あまり気にせずそのままにしておいたのですね 

それからは安野モヨコさん原作のアニメーション「シュガシュガルーン」の主題歌だとか、itunesによる楽曲配信で有名ですよね デビューは『BEATMANIA』というゲームソフトのサントラですね ゲーム関係はあまり詳しくないので、詳細は分かりませんが

最近ではハウス系の音で12インチを出してます そのジャケットがヌードだったりといろいろされておりますね 近未来系の服装からトラディショナルなイメージまでたくさんありますが、近未来的な部分はcapsuleやperfumeなどの中田ヤスタカさんのプロデュース作と少しイメージがかぶっているようないないような ただ、小西さんの音楽センスはあまりハウス的なアプローチがないような気がしますので(どっちかというとBIG BEATかな)その辺りどうなんでしょう 音的にはぜんぜんかぶってないですね

当然ピチカートファイブと比べられるのでしょうけども、歌唱力というか声の魅力はもう少しかなという気がしますね

DJイベントをされたり積極的に活動されているようですね どうも作られたイメージが先行するきらいがありますが、頑張ってください

野本かりあ

野本かりあ2

2002 readymade international RMEP-0005

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/18(火) 07:22:06|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

終曲 / phew

今日のシングルレコードは 終曲 / phew です これはPASS RECORDSから出たシングルですね 当時の雰囲気では到底パンクと言われてもぜんぜんそんな感じがしなかったですね やはりこうふわふわした印象でnew waveでしたね

このところPASS RECORDS関係のものが盛んに再発されているようで、phewの在籍したアーント・サリーのライブなんかも出ました 全て関西でのライブ音源ですが、ここでのphewはパンクな勢いがあります 曲の中にはラモーンズの曲もあったりで、new wave化は急激だったようです 

東京のパンクシーンというか東京ロッカーズのバンドも同じようなにおいを感じましたが、東京ロッカーズと言っても関西ノーウェイヴと一緒に出たりしていたので、お互いに影響しあっていたのでしょうね

このシングルはphewのボーカルトラックに坂本龍一がバッキングとマスタリングを行ったという話です 音の感触は薄いですね 薄いというのでなければ良く言われるのですが浮遊した感触の声というのでしょうか

このあと1ST「Phew」をCANのメンバーと録音 コニー・プランクも参加しています ジャーマンロックと言われればそうなんですが、独特の雰囲気があります そのあとのアルバム「VIEW」     (PCD-7221)のジャケットはmy bloody valentineの「FEED ME WITH YOUR KISS」の12インチのジャケットにそっくりです

Phew.jpg

Phew2.jpg

1980 PASS RECORD PAS-203

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/17(月) 07:11:44|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

HOLLOW HEART / THE WEATHER PROPHETS

今日のシングルレコードは HOLLOW HEART / THE WEATHER PROPHETS です ピーター・アスター率いるTHE WEATHER PROPHETSの大ヒットシングルです 大ヒットといっても全英top20くらいだと思いますが 一時はクラブヒットでしたね

この曲はざくっとしたギターサウンドに妙にフィルターの掛かったボーカルでちょっと異質な感じですけども、すごくのりのいい作品です CREATIONという部分からもギターポップ・ネオアコースティックの分野で語られることが多いですが、実際、曲を聴くとそうでもなくて、VELVET UNDERGROUNDやTELEVISION的なNYの硬質なポップさを感じます

前身バンドのThe Loftの方がより硬質だったかな そうでもないか まあそのほとんどの部分はTHE WEATHER PROPHETSによって引き継がれています "Naked as the Day You Were Born" はレニー・ケイのプロデュースなのでまあみんな分かっているんですねえ レニー・ケイは『Nuggets』を編集し、パティ・スミスグループに参加した人ですからねえ

THE WEATHER PROPHETSと言えばElevationというCREATIONがメジャーWEAと共同で立ち上げたレーベルの第一弾ということだったのですが、哀しいかなElevationそのものが短命に終わってしまったので、日本でもなかなか手に入りにくい状態になっていました Elevationから出た"MAYFLOWER"は名作ですねえ CDの再発はされているのかな その他、プライマル・スクリームもアルバムをElevationから出してましたねえ 今とはぜんぜんちがうけど

このシングルはスペイン盤です このフォーマットで英盤が出ているかどうかは不明です あったら欲しいですけどね 12インチはジャケット違いでCREATIONから出てますね というかこのシングルのジャケットは"JUDGES, JURIES AND HORSEMEN"のアルバムジャケットを流用したものなんですね

weather prophets

weather prophets2

1988 CREATION RECORDS GA-239



テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/15(土) 07:53:39|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LAST NITE / THE STROKES

今日のシングルレコードは LAST NITE / THE STROKES です イギリスのバンドかと思っていました でもニューヨーク出身なんですね まあROUGH TRADEにデモを送ってイギリスから人気が出たのでそういうイメージなのかな

音はガレージと言えばそうなんですが、もっとタイトでひきずるようなところはないですね 洗練されているというか、メンバーもけっこうお金持ちの息子たちみたいですし その辺り、趣味の回顧主義的な音と言えばそうなんですが好きですよ

1STはアメリカ盤は発禁ジャケットで回収になったので、プレミアがついてますね このシングルも先日のNMEのインディートップ100で9位にランキング どうもこのランキングも今聞いている人対象のようなので新人バンドが多いです もっといろいろあると思うけどなあ 曲はいいんですけどね ちょっと乾いているというか、昔のインディーズの曲のような屈折した湿っぽいところは全くないです

ギターのアルバート・ハモンドJr. というのはあの歌手のアルバート・ハモンドの息子みたいですね まあお金持ちなんでしょうね 

2006年のフジロックはヘッドライナー、とりだったんですね そんなに人気があったなんて知らなかった まあルックス先行みたいに言われて攻撃もされていましたけどしょうがないですね モデルとかやってたらそりゃ言われますよね 昔のバンドが全て良かったわけではないですけど、このところ有名バンドになるとすぐにセレブになってしまうので哀しいですね

このシングルも最初はジャケット無しを購入したのですが、やっとジャケット付きが買えました


strokes.jpg

strokes2.jpg

2002 BMG 07863 60611-7

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/14(金) 07:37:01|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KAMINARI ONE / GUITAR WOLF

今日のシングルレコードは KAMINARI ONE / GUITAR WOLF です ちょっと前のシングルになります 話ではレコーディングも全て一発録りらしいですね 音がすごいです というか音が一般的に聞くと悪い音に聞こえるんでしょうけどもかなりすごい録音です なんというかカセットテープに録音した感じでしょうか これは悪口ではなくすごくバンドに合ったスタイルだと思うのでいいと思います

日本よりもアメリカでのデビューが早かったりと、DOLLなど雑誌媒体ではかなり前から紹介されていましたけど、一般的に露出してきたのはメジャーデビュー後でしょうかね

音的にもルックス的にも初期から一貫したものがあり、ラモーンズもしくはジョーン・ジェットスタイルのストレートなロックンロールです ライブに行った友達の話によると出囃子はラモーンズだったとのことです 実はラモーンズの影響を受けたバンドが一番多いのは日本かもしれませんね

途中、ベース担当のビリーさんが急逝されて、バンド存続も危ぶまれましたが、本家ラモーンズ同様、若いメンバーを迎えて現在もばりばりに活動中です ここのところ日本初のガレージバンドが頑張っている感じですね 一時はストレートなロックは日本人には合わなくて、ちょっとひねくれたポップスなんかの方が多かった気もしますが、GUITAR WOLFのおかげでそのイメージも覆されてますね ザ50回転ズとかもいますしね 古くはThe 5.6.7.8.'sとかタランティーノの映画にまででてますからね

これからのますますの活躍に期待します!


ギターウルフ

ギターウルフ2


LESS THAN TV CH-53 1998

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/13(木) 07:39:28|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

I BET YOU LOOK GOOD ON THE DANCEFLOOR / ARCTIC MONKEY

今日のシングルレコードは I BET YOU LOOK GOOD ON THE DANCEFLOOR / ARCTIC MONKEY です イングランド・シェフィールド出身のバンドです なかなかに英国っぽいバンドですね 

デビューのきっかけはネットという今時のバンドですが、ライブも強烈なようです みたいなあ このシングルは出た当時にジャケットがいいなあと思ってバンド名も知らないまま買ってしまったものですがなかなか良かったです もう実際は英国らしいとか米国っぽいとかほとんど無くなってしまったのですが、このジャケットからは英国のバンドの香りを感じました

多くいる若手イギリス勢の中でも飛び抜けた存在になりましたね 同時に同じジャケットの10インチもあったのですが、シングルを購入しました 10インチもけっこう集めていたりするのですがね 前にTHE SMITHSのアルバムがアナログで再発になったとき、全部10インチのフォーマットになっていてしょうがなく全部買った思い出があります 

ライブの映像を見ると音楽性もかなり幅広く激しいながらも、メロディアスでアレックス・ターナーの声もいいですね ただギターの位置がかなり高めですね どうでもいいですが 極端に高いとまたそれはそれで格好よかったりする今日このごろですが、微妙な高さのような気がしますね 下に下げれば下げるほどまあ格好いいとはされていますけど でもジャンルにもよりますね 一時のジミー・ペイジなんか下げすぎて弾きにくそうでしたしね 

NMEが行ったアンケートで、今までに発売されたインディーの曲の人気投票があったのですが、この曲もなんと10位に入ってました このNMEのインディーズシングルベスト100をコンプリートしようと密かに思っているのです ちなみに1位はOasis 'Live Forever' でした なにげに最近のバンドが多かったりします、The Libertinesとかね 


arctic monkeys

arctic monkeys2

2005 DOMINO RECORDINGS RUG212

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/12(水) 10:46:44|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SUSPECT DEVICE / STIFF LITTLE FINGERS

今日のシングルレコードは SUSPECT DEVICE / STIFF LITTLE FINGERS です 北アイルランドのベルファスト出身のパンクバンドですね ひねったNEW WAVEの多い初期ROUGH TRADEでは珍しくストレートなパンクバンドですね

アイルランド出身ということもあり、かなり熱いメッセージソングを、政治的なことも含めてですが、演奏しています が、堅苦しいことはなく音もソリッドですごく格好いいですね ライブアルバムも熱いです(HANX!) 

ROUGH TRADEからはアルバムも発表していて、それはROUGH1と、ROUGH TRADE初のアルバムになっています それからはメジャーに移籍していますが、彼らのスタイルは一時迷いも見られましたが、現在まで変わることなく続いています メンバーは流動的ですけどね

かなり初期の頃のライブから、ジェイク・バーンズはYAMAHAのSGモデルを愛用しています ライブアルバムのジャケットなどでも見かけます イギリス(アイルランド)のバンドでもかなり日本製の楽器を使用していますが、やはり安かったのでしょうか 

stiff little fingers

stiff little fingers2

1978 ROUGH TRADE RT006

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/11(火) 07:23:17|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NOT IF YOU WERE THE LAST JUNKIE ON EARTH / THE DANDY WARHOLS

今日のシングルレコードはNOT IF YOU WERE THE LAST JUNKIE ON EARTH / THE DANDY WARHOLS です Bohemian Like YouがボーダーフォンのCMに使われて大ヒットしましたね このシングルもなかなか良いですよ ボーダーフォンがイギリスの携帯電話の会社なのでイギリスで先にヒットしたようですね まあバンド名からしてアメリカなんですけどね 逆にイギリスのバンドだからそういう名前にしたのかと勝手に思っていたらやっぱアメリカのバンドでした

Bohemian Like Youはアルバム(Thirteen Tales From Urban Bohemia)では持っていますが、シングルがあるのかどうかも不明です あれば7インチ欲しいんですけどね 

ルーズなのりの曲が多く独特の世界観がありますね ここのところアメリカとかイギリスとか言っても、相互に影響しあっているので分かりませんね

2003年に出たWelcome To the Monkeyhouse というアルバムのジャケットはもろにパロディジャケットなのですが、このバンド名にこのジャケット!大丈夫かな 音楽性は直接的にVELVETを感じさせるものは少ないですけどね

ベーシストのジア・マッケイブが女性ということで、また一つ華やかなイメージがあります 女性メンバーのいるバンドって格好いいですよね 

ここ最近はローリング・ストーンズの前座をしたりしているようです すごいな!


DANDY WARHOLS

DANDY WARHOLS2


1998 CAPITAL RECORDS 8 85565 7/CL 800

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/10(月) 09:31:37|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ユー・リアリー・ガット・ミー / ヴァン・ヘイレン

今日のシングルレコードは ユー・リアリー・ガット・ミー / ヴァン・ヘイレンです このシングルはVAN HALENのデビューシングルになりますね ソリッドでテクニカルなギターと骨太ボーカル、それに加えてコーラスワークと初めて聞いたときからすごく心に残っています

前にも書きましたが、昔テレビでUSフェスティバルを放映したときにはVAN HALENの出番が待ち遠しかったです キンクスのカバーと聞いたのでキンクスバージョンも聞いたのですが、音が薄くて格好悪いなあなんて当時は思ったものです 少し成長してからは、VAN HALENのべたなカバーよりキンクスが断然格好いいなあなんて変わってきたり そして今はどちらも大好きです

途中不動のメンバーからDavid Lee Rothが脱退(首かな?)Sammy Hagarに変わり、この時期もある程度は安定して続きましたね ここから二転三転、よく分からないことになってますね 現在では兄弟と親子にDavid Lee Rothが参加みたいな形になってますね テレビで見た限りではDavid Lee Rothが髪を切っていて、なんだかオーラが無くなっているような もともとあんまり大きな人ではないのですね VAN HALENはベースのMichael Anthonyのコーラスが良かったと思うのですが大丈夫かな

Alexのドラムは非常に個性的で聞いただけですぐに分かる音ですね 手癖のようなものもあって、ドラムですぐに誰か分かるってすごいですよね なにげにジョン・ボーナムの後継者をやってますね 音質は軽いですが非常に似たフレーズのドラムを叩くことがあって、はっとします

このファーストのアルバムは(他もだいたいそうですが)エディのギターが完全に片方からしか聞こえないミックスになっていて、ステレオの出力を右にしぼったり、左にしぼったりして聞いてました


?ァン・ヘイレン

?ァン・ヘイレン2


1978 ワーナー・パイオニア株式会社 P-266W

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/06(木) 07:24:24|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

空飛ぶ円盤に弟が乗ったよ / 四人囃子

今日のシングルレコードは 空飛ぶ円盤に弟が乗ったよ / 四人囃子 です 日本のプログレッシブロックの中でも特に正統派といえるのではないでしょうか このシングルはその中でも特に大好きな曲です プログレとあってライブでは長尺の曲も多いですがこの曲はシングルとあって短くまとまっています

四人囃子は森園勝敏さんのイメージが大きいですが、リーダーはドラムの岡井大二さんなのですね ファーストアルバムの「一触即発」は本当に良く聞きましたよ そこから日本独自のプログレ解釈とも言えるプログレハードへ行ってしまいましたが(NOVELAとかSOPHIAとかSTARLESSとかですね)

当時メンバーは20歳そこそこですがすごすぎます 演奏力もすごいですが曲の構成や、さらにはライブにおけるPAまで自分たちでやっていたと聞きます 日本のバンドも演奏力なんかは海外のものに負けていなかったのでしょうけども、大型のホールや野外でのライブは音響的にはもう全然だめだったと言いますね ライブなんかの音響は今に比べると音の大きさなんかもかなり違ったのでしょうね 

海外へ出た例えば、村八分のチャー坊やゴールデン・カップスのデイブ平尾、さらには成毛滋などの日本のミュージシャンの帰国してからの気持ちはどうだったのでしょうか やはりそこから日本のロックは飛躍的に成長したのでしょう 

途中、ベースの佐久間 正英さんに代わっています もちろんBO?WYやGLAYなどのアレンジャーをした人ですね 途中プラスティックスにも参加していますね プラスチックスはROUGH TRADEからレコードを出した唯一の日本人アーティストです 佐久間さんの話によると初期のプラスティックスは演奏力もなくそこが素晴らしかったようですが、だんだんミュージシャンになってしまっておもしろくなくなったとのこと 

四人囃子は2000年代に入りリユニオンコンサートを行い、活動を再始動しています 現在こういったタイプのバンドは日本にはいないですね これからも頑張ってほしいなあ


四人囃子

四人囃子2


東宝レコード AT-1806 1975

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/05(水) 07:26:43|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

THE PASSENGER / Iggy Pop

今日のシングルレコードは THE PASSENGER / Iggy Pop です この曲はミドルテンポの熱い曲です 今はちょうどソフトバンクのCMに使われているので聞いたことがあると思いますが、ちょっと聞いただけでIGGYの特徴ある歌い方ですぐ分かります ソフトバンクのCMも名曲を取り上げてきてますがIGGYはどうなんでしょう 担当の人が好きなのかな

このシングルは正規のシングルカットではなくRCAの企画のシングルコレクションの1枚のようです 確かTHE PASSENGERはアメリカ盤のシングルはジャケットがなかったような気がします このシリーズもTHE GOLDEN GROOVES COLLECTIONと名付けられています 特にゴールデンなものが集められているようでもないですけど

ジャケットはアルバムTHE IDIOTのジャケットを加工したものですね THE PASSENGERはLUST FOR LIFEに収録されているのでB面のNIGHTCLUBBINGからこのジャケットを使用したのかもしれません 

THE STOOGESの頃の重くて熱くてそれでいてダンサブルな曲を再現したような曲です STOOGESの曲はファズギターで歪んでいて重いけどどこか踊れる部分があるんですよね もう最高に格好いいなあ スージー&ザ・バンシーズもゴシックなカバーしてますがこちらも格好いいです もちろんデビッド・ボウイもカバーしておりますね

IGGYの曲も年代によってかなりイメージが違うものがあるのですが、この辺りはなんだか冷めた熱気というかオーラを感じます 現在に至っても精力的に活動を続け、なんとThe Stoogesは再結成しました すごいなあ

パンクのゴッドファーザーとか言われているように書かれますが本当に言われているんでしょうか 影響を受けたバンドは多いですが、本来パンクとゴッドファーザーなんて全く相容れない言葉なのにね IGGYだってそんなこと言われたくないと思う まあメディアとかが勝手に言ってるんでしょうけどね 


IGGY POP

IGGY PO2

1977 RCA GOLD549

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/04(火) 08:43:30|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

STAND / R.E.M.

今日のシングルレコードは STAND / R.E.M.です この曲はヒットしましたし、テレビ番組なんかでもけっこう使われてますのでご存じの方も多いでしょう
良い曲です 

1980年結成以来不動のメンバーで続けてきております 途中健康上の理由でドラムのビル・ベリーが脱退しておりますが、ライブなんかはサポートメンバーでやっていてメンバーの補充はしていないようですね 

オルタナティブという良く分からないカテゴリーになってしまっていますが、90年代より前は良質な曲を書くバンドとしての認知が高かったと思います カレッジ・チャートという今はあまり言いませんがそこでの人気が抜群だったような気がします アメリカらしいというか乾いた音の印象が強いです

インディーのIRS時代は英国のギターバンドと比較されたりもしましたが、あまり共通点はないと思うのですがどうでしょうか

よく言われるのがマイケル・スタイプのボーカルスタイルで、アメリカ人でもほとんど歌詞を聴き取れない歌い方 日本人は洋楽を音として捉える場合が多いと思うのでその感覚は分かりませんが、確かに変わったボーカルだなあと思いましたね

前にHOLEのところで書きましたが、アンディ・カウフマンの自伝映画「マン・オン・ザ・ムーン」はジム・キャリー主演の映画ですが同名曲があり内容もアンディ・カウフマンのことについて歌っています  後にこの映画の音楽はR.E.M.が担当しています

カート・コバーンも彼らのことが大好きで、共演予定もあったとか 残念です 


REM.jpg

REM2.jpg


1989 W7577 WARNER BROTHERS

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/03(月) 07:51:46|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FINAL DAY / YOUNG MARBLE GIANTS

今日のシングルレコードは FINAL DAY / YOUNG MARBLE GIANTS です 今のところ一番好きな女性ボーカルの一人アリソン・スタットンが歌うYOUNG MARBLE GIANTS 全体的にうすい音で淡々と演奏する感じです そこに何か熱いものを感じるのです 

パンク以降壊れてしまったそれまでの音楽観、既成のものにこだわらない音楽の破壊と再構築がここにはあるような気がします というか自分の好きなことしかしないという立場でしょうか それがニューウェーブというものかもしれないですが、彼らはおそらく自覚なしでやっています それが最高の音楽に結びついたような気がします

チープなリズムマシン、ベース、オルガンで構成された音と声はとても優しい音になって心に響きます 流行の音でもなく、派手な曲でもないですがそれでいいんです 

1stアルバムの"COLOSSAL YOUTH" (Rough Trade ROUGH8)は日本盤を買いました 輸入盤とかを買うお店が近くになかったのですね ROUGH TRADEの日本盤の真っ赤な帯が印象に残っています どの曲を聴いても同じに聞こえますが何度も何度も繰り返し聞きました

最近なんとCHERRY REDから出た1980年のライブDVDを購入しました 中古ですが  "LIVE AT THE HURRAH !" としてビデオで出ていたものです そして恐る恐る見てみると、レコードそのままのへたくそな演奏でYOUNG MARBLE GIANTSはいました 昔に戻ったような気がしました とてもとてもよかったです


young marble giants

young marble giants2


1980 ROUGH TRADE MUSIC RT043

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/02(日) 07:43:58|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

birthday / the sugarcubes

今日のシングルレコードは birthday / the sugarcubes です the sugarcubesのデビュー曲にして大ヒット曲ですね ボーカルはもちろんビョークです

独特の声とこぶしまわしはこのころから顕著です このバンドはビョークがボーカルのため、初期のビョークだとか評価されていますが、もちろん全然違うものだと思います アイスランドで生まれ小さなころから音楽を学んで、わずか11歳でアルバムを発売し、現在はソロで活躍していますが、やはりソロとバンドってちがうと思うんです

注目するべきは、前身バンドのkuklはCrassからアルバムを発売しています Crassというのはイギリスのアナーキスト集団であり、反政府活動を行い、常に反戦、反核の立場を貫いたバンドのレーベルです そこから発展したのがthe sugarcubesなのです

the sugarcubesになってからはパンクバンドではなく、ちょっとひねくれたポップなバンドになったのですが、独特の世界観はビョークによるものが大きいとは思いますがまた別のものだと思います ビョークのソロの始まりは808STATEとのコラボレーションからはじまったエレクトロの音だと思います

この曲はいわゆるこぶしがきいているのですが、それを元ちとせがカバーしていて、日本的なこぶしまわしで対抗しています 


SUGARCUBES1.jpg

SUGERCUBES2.jpg


one little indian records 7 lp 7 1987

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/01(土) 06:56:43|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

こはるカプセル

Author:こはるカプセル
はじめまして
シングルレコードが大好きです 集めたシングル数千枚
シングルのジャケットっていいですよね
モットーはジャンルにこだわらないレコード収集です
よろしくお願いします

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。