こはるカプセルのレコード集め

シングルレコード大好きのこはるカプセルが収集したレコードの紹介をします。ジャンル関係なく集めた大好きなシングルレコードたちです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NOT LISTENING / SNUFF

記念すべき100枚目のシングルレコードは NOT LISTENING / SNUFF です SNUFFのデビューシングルであるこのレコードを、一体何度聞いたことでしょうか 今に連なるいわゆるメロコアというジャンルはここにはじまったのではないでしょうか

ハードな音に切ないメロディ パンク(若者の音楽)は何度でも生き返るのです けっしてきどってもいないし格好もつけていない そこが最高に格好いいんですね このときのメンバーはSIMON(G.&Vo.)、ANDY(B.)、DANCAN(Dr.&Vo.)の3人 最初に買ったときはバンドの詳細も全く分からず、まさかドラムがボーカルだとは思いませんでした 

当時はいまのようなシーンも存在せず、まさに孤高のバンドでした 切ないメロディにまた切ないコーラスが合っています ファーストアルバムではジミ・ヘンドリックスのPURPLE HAZEをバカバカしいほどのスピードでカバー 最初に聞いたときは思わず笑ってしまいました ここからSNUFFのカバー歴がはじまるのですね 

THE SPECIALSやバングルス(サイモン&ガーファンクル)やティファニーまで、当時はどんなカバーを聞かせてくれるか楽しみでした このところはダンカンの奥様が日本人ということもあって、日本の曲のカバーが多いですが、ちょっともういいかな 

バンドのサウンドも一度解散を乗り越え、オルガンやホーンを前よりもさらに使った厚い音になりましたが、どうも最初のころの単純明快な曲が懐かしい今日このごろです


snuff.jpg

snuff2.jpg

1989 WORKERS PLAYTIME PLAY8
スポンサーサイト
  1. 2007/11/30(金) 05:45:20|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

born to lose / the heartbreakers

今日のシングルレコードは born to lose / the heartbreakers です 両面ともパンクの名曲です 録音状態もラフな感じで雰囲気ありますね the heartbreakersと言ってもまあジョニー・サンダースなんですけど NY DOLLSはそれほど熱心に聞いていませんでしたが、気にはしておりましたよ THE SMITHSのモリッシーも大ファンだったということなので

born to loseですが歌詞の内容がそのままジョニー・サンダースに当てはまるような唄ですね やる気のない演奏と歌 でもそれが最高に格好いいんですね 解散後もけっこうなところで活動してて、大江慎也との共作など日本のアーティストとのコラボレーションも多かったような 単に断れない人だったのかもしれません

華奢な体でレスポールJrを弾く姿はクールです 服装センスも良く単なるパンクファッションではなくおしゃれなイメージがありましたね 

いつ死ぬか分からないというか、次に死ぬミュージシャンはっていうランキングで常に上位を取っていたような人でしたが、91年にあっけなくオーヴァードーズで亡くなりました 
 
京都のコンチネンタル・キッズがこの曲をカバーしてますが、題名が「ええかげん」 なんてぴったりな題なんでしょう 全編日本語に訳されていますが、これを聞くといつもぐっとくるのでした 

heartbreakers1.jpg

heartbreakers.jpg

1977 track records 2094 135

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/29(木) 07:41:48|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HEAVEN IS A PLACE ON EARTH / BELINDA CARLISLE

今日のシングルレコードは HEAVEN IS A PLACE ON EARTH / BELINDA CARLISLE です いい曲ですね すぐに心に残る名曲でしょう これもシングル盤あまりないのですね 日本でもCM曲になったりと聞かれたことがある曲です

BELINDA CARLISLEはGO-GO'Sのときにも書いたのですが西海岸のパンクシーンとけっこうつながりがあって、重要なバンドにも関わったりしています その後GO-GO'Sを結成してからは大ヒット 初の女性バンドによる全米1位を獲得しました GO-GO'S後半にはかなりのアルコール依存やドラッグ依存になっていたようで、そのころの映像ではもともとちょっと太めの体型がかなりの貫禄になっていました やはり全米1位なんてものはかなりのストレスなんでしょうねえ

GO-GO'S解散後、ソロで見事カムバック そして87年にこの曲が大ひっと 見た目も中身も綺麗になって見事なカムバックを果たしました この見事なカムバックには夫のモーガン・メイソンの協力があったとのことです 夫婦愛ですね

なんだかゴシップ記事みたいになったのですが、この曲は名曲だけあってけっこうカバーもありますね 一番いいなあというか良かったのは日本のパンクバンドGOOD 4 NOTHINGのカバーが良かったですね オムニバスで聞きましたけど最新アルバムのヨーロッパ盤のボーナストラックになっているようです


belinda carlisle

belinda carlisle2


1987 MCA RECORDS MCA-53181

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/28(水) 07:59:10|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ONE THING TWO BELIEVE / VELVET CRUSH

今日のシングルレコードは ONE THING TWO BELIEVE / VELVET CRUSH です GIGOLO AUNTSのレコードを紹介したので続けていきます このシングルは名レーベルBUS STOPから出たもので限定盤でしたのですぐに無くなってしまいました ジャケット違いで違うレーベルから出たものもありますね

全体的に粘りのあるざくっとしたギターですが、メロディが切ないです もう名曲中の名曲でクラブなんかでかけるのはもちろん自分でも何度も何度も繰り返し聞きました

かなり初期の音源になると思うのですが、かなりビートルズのメロディやマージービートの影響が感じられます このあたりTEENAGE FANCLUBにも通じると思うのですが、ライブでは轟音ギターに切ないメロディ 素晴らしいです

音の印象はそれでもかなり優しく、TELEVISION PERSONARITIESの影響なんかもけっこう感じるのですがどうでしょう 本当にジャケットやインナーなんかも手作り感のある優しいものですね

BUS STOPもギターポップやネオアコースティックでは名門で001はThe Springfieldsの作品です 基本的には7インチ専門のレーベルでここのブログの趣旨に合ったレーベルですね 現在も続いているようです シングルは60番台で止まっていたのではなかったでしょうか 初期20枚くらいはおそらくコンプリートであると思いますが全部揃えたいものです BUS STOPからは11番もVELVET CRUSHは出しておりまして、そのシングルではTEENAGE FANCLUBのカバーをやっていますね


VELVET CRUSH

VELVET CRUSH2

BUS STOP LABEL BUS007 1989

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/27(火) 21:15:11|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MRS.WASHINGTON / GIGOLO AUNTS

今日のシングルレコードは MRS.WASHINGTON / GIGOLO AUNTSです 基本的にはギターポップですがけっこうガレージ寄りだったり、アコースティックな音も出すバンドですね このシングルのB面はTHE SMITHSのASKのカバーです

このカバーは7インチしか収録されていなくて、12インチには入ってないのです 先に12インチを買ったのですが、7インチシングルもすぐ買いました カバー曲の収録があると著作権というか版権の問題なのかシングルだけになったりとかありますね やっぱり払う金額がよく分かるから?

このカバーは素晴らしく楽しいです 元々の曲がいいのはもちろんですが、パンキッシュなアレンジで格好いいです A面の曲もいいですけどね どうしてもB面ばかり聞いちゃいますね これはFIREと契約してからのシングルですがその前にも自主制作盤があるのですが残念ながら未聴です このころにはレディング・フェスティヴァルにも出演してますね

メンバーのDaveはVelvet Crushにギターで参加してツアーとか回ってますね 両バンド共通するところはありますね Velvet Crushがもう少しねばいというか、GIGOLO AUNTSがストレートな感じをうけます 各メンバーそれぞれサイドプロジェクトもあったりして忙しそうですね

バンド名はどういう意味なんでしょう ジゴロな伯母?

GIGOLO AUNTS

GIGOLO AUNTS2

1994 FIRE RECORDS BLAZE68

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/25(日) 07:38:43|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PART-TIME LOVER / STEVIE WONDER

今日のシングルレコードは PART-TIME LOVER / STEVIE WONDERです ヒット曲ですが、発売当時はなんだかそれほど聞いた憶えはなかったのです イントロからして最新テクノロジーを使用したといった感じで、あまり良くないというか、Songs In The Key Of Lifeとかがいいんだなんて、生意気だったのですね

いま改めて聞くとものすごくいい曲です 心に染み渡ります 1985年発表ですから、今から20年以上も前の曲ですが全く色あせていません それより逆に新しく聞こえます スティービーはもともと新しいものを取り入れる人なのでこの曲も最新のシンセやドラム音色が多用されています 普通はそういった最新のものを使っていればいるほど、聞けなくなってくるのですがこの曲に関しては全くそんなことはありません

実は友達のバンドがカバーを演奏していたのを聞いたのですが、2曲演奏するなかで、アレンジもあるのかもしれませんが、「迷信(Superstition)」よりも「PART-TIME LOVER」の方がずっとよかったんです 「迷信(Superstition)」はベック・ボガート & アピスバージョンもありますよね というかこっちが本当かな(曲はスティービーの作品)

70年代のSTEVIE WONDERなんて名曲揃いで誰が聞いても好きになるような曲ばかりなのですが、80年代、90年代の曲も本当に素晴らしいものばかりです 

午後の紅茶のCMもいいですね(Isn't She Lovely) つい見てしまいます どの年代の曲もいいですよね


STEVIE WONDER

STEVIE WONDER2


1985 Mortown Records 1808TF

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/24(土) 07:22:55|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Time For Heroes / THE LIBERTINES

今日のシングルレコードは Time For Heroes / THE LIBERTINES です もう解散してしまいましたが、イギリスに何年かに一回出現するSEX PISTOLSの再来みたいな感じですよね まあメディアが勝手に言っているだけですけど バッキンガム宮殿のイベントに対抗して向かい側でライブとかいいなあ まさにSEX PISTOS的な行動ですね こういった反体制イメージが最後まで付いてしまいましたが

かなりの逸話が残されていますが、音楽性もパンク、というか熱いですね ドラマーのゲイリー・パウエルがジャズドラマー出身と聞いたのでもっとグルーヴィーな感じと思いきや、全然そんなことなくってけっこうソリッドな曲が多いですね この曲もそうですが

パンクでもけっこうギターが重量感のある感じで重いのと、けっこう勢いでギターの音はあんまり厚くないものとあるんですが、THE LIBERTINESは後者のタイプですね ライブではまた別だと思いますがそれほど重い音のリフを弾かないですね じゃかじゃか弾く感じ これはCLASHのタイプなんでしょう というかミック・ジョーンズがプロデュースしてますからねえ 日本で言えば重量感のある重いタイプはタムのいたときのTHE STALINですね CLASHタイプはアナーキーと言ったところでしょうか どちらかと言うと重い方が好きですね

ギタリストのピート・ドハーティはドラッグの問題があり、機材を破壊したり、ライブに来なかったりと新世代のパンクアイコンとなっていますね ただ、本当に音楽を愛しているのであれば、周りの言うことなど気にせずに自分のペースで頑張ってほしいなあ ピート・ドハーティ現在はベイビー・シャンブルズで頑張ってますね 演奏へろへろですが


LIBERTINES.jpg

LIBERTINES2.jpg


2002 ROUGH TRADE RTRADES074

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/23(金) 00:49:29|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FIESTA / THE POGUES

今日のシングルレコードは FIESTA / THE POGUES です 永遠の酔いどれシェイン率いるTHE POGUESです アイリッシュとロックの融合というかこの曲なんかいいとこどりですね スピード感あふれるこの曲は最高に盛りあがります シェインは初期ロンドンパンクのビデオで暴れていますね

アイリッシュ・トラッドの素朴で楽しい曲をパンクスピリッツで焼き直したとでも言うのでしょうか パンクバンドの構成にトラッドな楽器を加えた曲は当時はものすごく新鮮に聞こえました いまあるスカコアやメロコアのバンドでもかなりの影響があるのではないでしょうか パンク的な音だけど底抜けに明るい感じは当時他にはない感じでしたね バカっぽいというわけでもないですしね

THE POGUESに関しては、91年か辺りにシェインが脱退というか首になったときの来日公演がすごく記憶に残っています そのときは助っ人としてボーカルがジョー・ストラマーだったのです 会場には知り合いがいっぱいいてすごく楽しかったです シェインも見たかったけれど生きているジョー・ストラマーが見られてよかったです

この曲の楽しい感じはなんというのでしょうか、映画のタイタニックの中のシーンで、船底にある安い料金のお客さんたちがアイリッシュソングのようなものでダンスパーティをしているところがありましたが、そんな感じでしょうか 

結局2001年にはオリジナルのメンバーで再始動 シェインとTHE POGUESのストーリーはまだまだ続きそうです

POGUES.jpg

pogues2.jpg

1988 STIFF RECORDS FG2

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/22(木) 08:30:46|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Englishman in new york / sting

今日のシングルレコードは Englishman in new york / sting です 言わずと知れたポリスのボーカリスト兼ベーシストですね この曲も名曲ですね よくテレビ番組のBGMとかでも使われてますね 

このシングルのバージョンはREMIXバージョンでオリジナルは1987年の2枚目のソロアルバム「Nothing like the Sun」に入っています クラブなんかでもネタ曲としてよく使われてますけど、STING自身もライブでは必ずやっているのでお気に入りの曲なんですね

RIMIXバージョンはもともとレゲエ調のリズムの曲に打ち込みを加えてものすごく気持ちいい仕上がりになっていますね もともとジャズミュージシャンでもあったSTINGの楽曲のセンスの良さが感じられます アルトサックスも気持ちいいですね

ポリスもいよいよ再始動するようですね デビュー当時はホワイトレゲエなどと呼ばれた異質のバンドでしたが、いつのまにかスタジアムバンドになってしまいましたね デビューシングル(アンディ・サマーズはいない)ではかなりパンク寄りの演奏ですが、スチュワート・コープランドも元Curved Airだし後に参加するアンディ・サマーズだってKevin Ayersと活動したり、プログレ寄りの人材ですよね

STINGも俳優をしたりと忙しいようですが、ポリス再始動を機会に音楽活動中心に戻ってほしいなあ 初期からのポリスの活動を追ったドキュメント映画「ポリス インサイド・アウト」はおもしろかったですよ

sting.jpg

sting2.jpg

1990 A&MRECORDS Am580

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/21(水) 06:29:14|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

only love can break your heart / ST.ETIENNE

今日のシングルレコードは only love can break your heart / ST.ETIENNE です 一世を風靡したST.ETIENNEのデビューシングルです もちろんニール・ヤングの名曲ですね 一回聞くと忘れることのできないメロディとサウンド 名曲を90年代で見事に蘇らせました 

よく聞くとメロディラインなど少し変えてありますね これはこれでいいのですが 90年代を代表するダンスシーンの曲となっています 

最初に聞いたのはクラブかどこかで、これは一体だれなんだ、と思った記憶があります すぐにはニール・ヤングが出てこなくて、帰りの電車の中でやっと思い出したんです

よくこういうことを思いつくなあと感心しましたけど、やはりあのころのニール・ヤングって誰もが愛する曲を作っていたんですね メンバーのボブ・スタンレーはレコードコレクターらしいですしね ST.ETIENNEの前のCola Boyというユニットもチープな感触ながらドリーミーな曲でよかったですねえ ボーカルはサラではないですけど 

ST.ETIENNEの素晴らしいところはやはりボーカルのサラの魅力によるところが大きいのかな 次のシングルのNOTHING CAN STOP USからのボーカルは素晴らしいですね  1993年の"Who Do You Think You Are"もいいですね

前にクアトロかどこかでのライブに行きましたが、前座でえんえんとレコードを回し、ライブは1時間も無く少しがっくりきました やっぱりスタジオワークのユニットなんですね ファーストアルバムのFaxbase Alphaは名作です

st.etienne.jpg

st.stiennne2.jpg

1991 HEAVENLY HVN 12

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/20(火) 06:45:35|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

don't call me white / NOFX

今日のシングルレコードは don't call me white / NOFX です 文句なし大爆発曲です ファット・マイクのボーカルスタイルは好みがあるかもしれないですが、めちゃ熱い曲ですね 

メンバーは高校生の頃からやっているだけあって、メンバーチェンジはしているもののすごい息のあいかたで、ライブにおいてもまったく演奏は乱れません ファット・マイクはベースを弾きながらなのですごいです ギターはなんとなくコードカッティングででもいけそうですが、メロディと違うベースラインを弾きながらよく歌えるなあ メンバー全員バカテクですね 特にドラムはすごいです どんな速くてもみだれません

現在のシーンを牽引してきた感がありますが、特に変わることなく主張があって格好いいバンドですね エル・ヘーフェが加入してから音楽性の幅がより広がりましたね OFFSPRINGに比べるとよりパンクアティチュードというかパンクなライフスタイルが感じられます OFFSPRINGも好きですけどね

反ブッシュを推し進め、ジャケットなどでもブッシュをおちょくったデザインを使ったり、相変わらずとがっています 反権力な思想を持つ本物のバンドのひとつだと思います 本来は音楽には政治は関係ないと思いますが、やはり思いを込めるのが音楽であり作品であるので、個人的には応援してます 権力にしたがうパンクバンドなんてパンクじゃないからね

この曲に込めた思いもすごくよく伝わってきます メンバーも白人だけではないのでそういったマイノリティの痛みも分かるのでしょう 初期の頃のビデオとか見ると本当にバカですごく楽しいなあ 昔、BURNというメタルの雑誌でアルバムが酷評されていましたが、そのアルバム最高です! メタルの方からの評価なんでしょうけどね 酷評するくらいなら紹介しなければいいのに

初期はレッド・ツェッペリンやブラック・サバスのカバーをしていたみたいですね ビデオに収録されている本当に初期の映像で見られますね  

このシングルのジャケットは中身の反してやけに可愛いですがどういう意味なんでしょう 

NOFX.jpg

NOFX2.jpg

FAT WRECK CHORDS Fat514 1994

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/19(月) 07:24:41|
  2. レコード
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

I LOVE ROCK'N ROLL / JOAN JETT & The Blackhearts

今日のシングルレコードは I LOVE ROCK'N ROLL / JOAN JETT & The Blackhearts です ジャケットも格好いいですが中身も最高 全米1位になってます ソリッドなロックンロール 渋いですね   

初めて聞いたのは忘れもしない、ベストヒットUSAですね そのとき聞いた衝撃が忘れられなくて予約して買いましたよ オンエア時はまだ日本未発売だったのですね 元蘭菜ウェイズというのもそのときに小林克也さんが言ってましたね 

JOAN JETT自身もけっこうギターを弾いていて格好いいなあ いつもギブソンのレスポールJrかなあ 軽いのかな ロックンロール以外では使えそうにないギターを使ってて格好いい! 

カバーしている人たちも数知れずのこの曲ですが、実はこれもカバーで、作曲したアラン・メリルはニューヨーク出身でGS最盛期の日本に来てGSのバンドに参加していた人なのですね ネットとかでもけっこう書いてますがいとこがローラ・ニーロらしいですね すごいなあ 元テンプターズの大口広司とウォッカ・コリンズというバンドもして、ニュー・ロックの中で名盤をのこしてますね それからロンドンに渡りARROWSを結成したのですね

JOAN JETTも現役ばりばりで、最近の映像を見てもぜんぜん変わってないですね マイケル・J・フォックスと姉弟役で出演した「愛と栄光の日々」という映画があって、まさにJOAN JETTそのままといった感じでいいです なんだか別にどうってことない地味といえば地味な映画なんですがまた見たいな


JOAN JETT

JOAN JETT2


EPIC EPC A2152 1982

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/18(日) 06:10:53|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

fell in love with a girl / white stripes

今日のシングルレコードは fell in love with a girl / white stripes です 活躍してますねえ 最近ではジャック・ホワイトは俳優としても有名ですね このシングルはちょっと前のものですがもう最高にバーストしてます

ガレージリバイバルとして有名ですが、ガレージそのものはずっと続いてきているので、ガレージリバイバルって言ってもメディアの売り文句でしょう そんなことは関係なく格好いいです このところのガレージはまあThe Strokesもそうですがけっこう垢抜けてますね どうしてもガレージバンドっていうとクランプスのようなイメージがあるのでちょっとちがうかと まあThe Strokesよりはぜんぜんどろどろですけどね

white stripesはいろいろ音楽性以外でも物議を醸し出していて、まあ有名なのが元夫婦説ですね たぶんその通りなんでしょうけど まあどっちでもいいかな ただドラムの技術に関してはなんだか言う通り、めちゃめちゃ一本調子な単調なドラムですね レコードでもそうなんだからライブはもっとすごいんでしょう ただガレージってそんな技術うんぬんよりも爆発力だと思うのでぜんぜん問題はないです 下手なほうがいいくらいです まあ実際のところはジャック・ホワイトのワンマンみたいなもんでしょう

デトロイト出身っていうのがまたいいですね 泥臭いガレージの魂を引き継いでいますね スーパーモデルと結婚したけどね

white stripesも最初はROUGH TRADEと契約したようですね レコードジャケットもバンド名にちなんで赤と白のストライプのものもありますね ステージ衣装もそうだしね


white stripes

white stripes2


2002 XL RECORDINGS xls 142

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/17(土) 07:38:31|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SUMMER / CHARLOTTE HATHERLEY

今日のシングルレコードは SUMMER / CHARLOTTE HATHERLEY です ASHの紅一点ギタリストとして活躍しておりましたが、ソロ活動を優先するということで脱退した模様ですね ASHはもともとトリオなのでライブ演奏なんかは厚みが出てよかったのですけどね 女性コーラスも入って良い感じだったのですが

ASHにはオーディションで加入したのですが、当時17歳 すごいなあ 在籍時はモデルもしたりして格好いいなあ グランストベリー・フェスティバルのライブではワウの効いた異常に太いギターを弾いてました GIBSONのSGを使ってましたね

このシングルは彼女のソロシングルですが、思ったよりごりごりではなく 逆にボーカルも可愛いし曲もポップです ほとんど一人で録音したようでマルチな才能を持っているのですね このジャケットではパンツスタイルですが、ライブとかではけっこうスカートで可愛いなあ NMEの人気投票でも常に上位に来てますね

このジャケットも本当か嘘かサイン入りです まあそれほど知名度があるわけでもないので本物でしょう ライブ後のインタビューで話しているのをみたときはけっこう貫禄ありました ライブでは可憐な感じもあるんですけどね

1979年生まれということでまだまだこれからの活躍が期待されますね 応援してます


Charlotte hatherley

Charlotte hatherley2


2004 DOUBLE DRAGON MUSIC DD2014

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/16(金) 00:00:59|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RELIGHT MY FIRE / DAN HARTMAN

今日のシングルレコードは RELIGHT MY FIRE / DAN HARTMAN です 前にBETTY BOOのときにも書いたのですがこの曲はディスコの名盤です ディスコと言ってもいわゆるファンキーなだるい感じではなくフロアが熱くなるような歌い上げるディスコです 

DAN HARTMANはエドガー・ウィンター・グループのメンバーだった人で当時はベーシストでした 当時とは違って熱いサウンドを聴かせます エドガー・ウィンター・グループもいいのですけどね ジャンルがちがうので比べられません

この曲以外でも「ストリート・オブ・ファイアー」のサントラに曲を提供しております ぱっと聞くととても白人のようには聞こえません 黒人の女性が唄っているのかと思ったくらいです このころのきらびやかなディスコのサウンドにとっても合った素晴らしい歌声です とても楽しくなってきます

彼の影響でエドガー・ウィンターもディスコ寄りのアルバムを制作したりと、プロデューサーとしても活躍しましたが、44歳の若さで亡くなってしまいました 

ディスコ関係も思ったより7インチは少なくなかなか入手困難です 12インチはたくさんあるのですけどね TAKE THATもカバーしてますがだめです 多くのカバーがありますが、このオリジナルを越える曲は1曲もありません

ちなみにこのRELIGHT MY FIREのビデオではピアノを弾いています ライブバージョンを見ましたがドラムがめちゃくちゃうまかったなあ


DAN HARTMAN


DAN HARTMAN2


1979 CBS inc EPC8104

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/15(木) 07:25:51|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DON'T GET ME WRONG / THE PRETENDERS

今日のシングルレコードは DON'T GET ME WRONG / THE PRETENDERS です 誰もが聞いたことのある名曲ですね 朝の番組で使われているのでその印象が強いのですが、最近なんだかこういったバラエティ番組のようなものに簡単に名曲を使うのでどうかなあと思います 誰もが知る名曲だからこそいろんな人に聞いてもらうっていう意味ではいいのかも知れないけれど、いかんせん、使われている番組が軽薄すぎます

バンドの顔であるクリッシー・ハインド、格好いいですね いつまでも変わらない風貌で何気なく歌う歌がとてもいいですね 最初は音楽編集の仕事などしていたようですね キンクスのファンでレイ・デイヴィスと結婚してましたね そのときの子供は音楽活動しないのかな 歳は26歳くらいになっているはずですが

THE PRETENDERSは日本盤シングルもけっこう出ていて楽しいです 愛しのキッズなんかも出てますね 

USフェスティバルに出た映像を昔テレビで見ましたけどすっごい迫力でした このときはCLASHも出てました CLASHも観客に罵声を浴びせていてすごかったなあ

メンバー的にはけっこう入れ替わりが激しく、ドラッグでメンバーが死んだりと不幸が続いていろいろありましたが、このシングルのときにはパーラメントのメンバーだったバーニー・ウォーレルが参加しています THE PRETENDERSもデビューの時期からパンクバンドとかと一緒にされることもありますが、まあ間違いではないですが、もっとポップな音楽性を持っていて、いろんな楽曲にチャレンジしているのでバーニー・ウォーレルの加入もそうおかしなことではないのでしょう スミスのジョニー・マーも一時加入してますね 単にクリッシー・ハインドのファンなのかもしれませんが

いまだ現役で頑張っているクリッシー・ハインド、応援しています

PRETENDERS.jpg


PRETENDERS2.jpg

1986 WEA RECORDS 7 28630

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/14(水) 00:01:44|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DON'T KILL THE WHALE / YES

今日のシングルレコードは DON'T KILL THE WHALE / YES です なんとも微妙なタイトルの曲ですが、内容も微妙です Tormatoというアルバムの曲で、このアルバムはけっこうメンバーチェンジの激しいYESの中でも、すでに末期状態のころで、レコーディング後にジョン・アンダーソンとリック・ウェイクマンが脱退してしまいます

どうもレコーディング不調のためか煮え切らない曲が多いような気がしますね 現在まで続く長いYESの歴史の中でも一番不安定なころでしょうか メッセージ性のある曲もあまり響いてこないですね 今の捕鯨反対運動とは少し違う観点なのかもしれないですけど ちょうどこの頃と言えばパンク・ニューウェーブの嵐が巻き起こり従来の長く難解な曲は無くなり短めの曲になりましたね 曲はそれぞれけっこう好きなんですが今までのイメージからすると違うなと ただこの後のトレヴァー・ホーンが入ったYESに比べるとやっぱりYESですね ただジョン・アンダーソンのボーカルの問題かなあ

このジャケットは格好いいですねえ ちょっとYESらしさはないですけど YESのロゴはロジャー・ディーンのものですがイラストはどうなんでしょうか 

この後、トレヴァー・ラビンが加入した新生YESで復活するわけですが、その後の激しいメンバーの入れ替わりと合体、分裂にはどうもついていけません YESの名前をめぐって訴訟にまでなっていますがどうなんでしょうねえ 歴代メンバーもたくさんすぎて後半は訳がわからないです 

YESの一番好きなアルバムはと言えば、パトリック・モラーツが参加した唯一のアルバム、リレイヤーです YESも集めるとけっこうシングルあるなあ

裏ジャケットよく見るとみんなそれぞれ勝手な方向にむいてますね

YES.jpg

YES2.jpg

1978 Atrantic Recording Corporation K 11184

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/13(火) 07:24:13|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

celebrity skin / HOLE

今日のシングルレコードは celebrity skin / HOLEです この曲は3RDアルバムの題にもなっているもので格好いいです コートニー・ラブもいろいろ言われてますけど格好いいですよね

なんか最近は女優業もあってハリウッドゴシップみたいなところにいろんな写真を掲載されてますが、その辺の歌手なんかとは器が違うと思いますけどねえ 女優らしく激痩せしたり激太りしたりゴシップクイーンと呼ばれてますが そんなことはどうでもよくってミュージシャンとして活動を続けてくれればそれでいいです

この曲はGlastonburyでのライブがYOUTUBEにアップされていますが、もうすごいです 格好良すぎます 是非見てください やっぱりライブバンドなのですね ベース、ドラムも格好いいなあ ドラムのサマンサ・マロニーはモトリー・クルーにもドラムで参加してますねえ めちゃ格好いい トミー・リーの代わりなんだからすごいなあ モトリー・クルーのときはツーバスになってますし これもDVDが出ているので見てください 来日もしたのかな

カート無きあとコートニーには頑張ってほしいです コートニーに会わなければカートも死ぬことは無かったという人もいますが、そんなのどうなったかなんて誰にも分かりません まあ娘のフランシスちゃんにも期待しましょう 最近の映像を見た限りでは恐ろしいくらいカートそっくりですね ちょっと太めだけど 

映画では「ラリー・フリント」が有名ですが、ジム・キャリーの「マン・オン・ザ・ムーン」の方が好きですね

HOLE.jpg

HOLE2.jpg

1998 GEFFEN RECORDS INC GES22345

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/12(月) 07:14:34|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ROYAL STRAIGHT FLASH R&R / Red Warriors

今日のシングルレコードは ROYAL STRAIGHT FLASH R&R / Red Warriors です けっこうあくの強いバンドですが好きです この曲も彼らの得意な
ソリッドなR&Rです 何度か再結成しているようですがそれぞれでも活躍してますね

DIAMOND☆YUKAIはTOKYO POPという映画に出ていてけっこうおもしろいです インディーズのバンドがどんどん売れていくような話でしたけど、アメリカ人の女性とのコンビで出て、当時のインディーズシーンで活躍していたバンドも出ていておもしろいですね いわゆる、ほこ天というやつですね 当時の映像を見ると原宿の歩行者天国の路上にかなりちゃんとした機材を据えて演奏してますね 今はもうできなくなりましたけど

ギターでリーダーの木暮武彦は元レベッカで、首になったからアルファベット順でレベッカの前後に来るバンド名を付けたとか 一時アメリカに渡ってバンド活動してましたね NOKKOと結婚してまた分かれて、人生いろいろありますね NOKKOも今ではGOH HOTODAの奥さんですから分からないものです SHAKEはビル・ローレンスの青いギターを使ってましたね いつもサムピックを使用してました かなりソリッドなバンドの音はSH?KEのカッティングによるところですね

かなり昔ですが、ライブをテレビで見たときに田所豊が足にギブスをつけて大暴れしていて、すごいなあと思いました たしかNHKのヤング・ミュージック・ショーかなあ 日本のバンドらしさはあるのですがなんだか今までとは違うぞと感じさせるバンドでした 奥さんは三浦理恵子さんでしたが、離婚しましたね

Diamond Yukaiはディズニー映画トイ・ストーリーのサントラで唄っていて、とてもいい雰囲気です この前、久しぶりにテレビで見ましたが相変わらず偉そうな態度で良かったです


RED WARRIORS

RED WARRIORS2

1983 日本コロンビア AH-922

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/11(日) 08:17:37|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Shipbuilding / Robert Wyatt

今日のシングルレコードは Shipbuilding / Robert Wyatt です このシングルはいろんな人がカバーしておりますね もともとはエルヴィス・コステロの曲ではありますが ソロになってからのRobert Wyattの名曲です 聴くと声の力と曲の静寂さに打たれます

Robert Wyattはもともとカンタベリートゥリーの中心バンド、ソフトマシーンの中心人物でしたが、階段からの落下事故により、それ以降は車椅子での生活になりました もともとドラマーだった彼の気持ちを思うとたまらないです ソフトマシーンでの彼のドラムはかなり手数の多いどたばたしたドラムで大好きなんですけどね 

しかし彼の才能はドラムだけではなかったのです この淡い消え入るような歌声は一度聴くと忘れられないものです ぜひ聴いてください もともとソフトマシーンはオリジナルメンバーにデイビット・アレンがいたようなユーモアセンスのあるバンドで、Robert Wyattだったそのころはかなりユーモアセンスのある歌詞を書いたり、行動もそんな軽い感じがしたのですが、ソロになってからはかなり政治的、そうでなければ奉仕精神のある活動を主体にしています 一時期は共産党員だったこともあるようです

歌の中身は実に真剣なものです が、彼の優しい歌声は哀しくてそして夢に溢れています このジャケットワークも素晴らしいですね このシングルはゲートフォールド仕様になっているものとシングル仕様になっているものの2種類がありますが、こちらはシングル仕様です Robert Wyattについては書きたいことがたくさんあるので次に紹介するときはゲートフォールド仕様にしようかな(同じジャケットなんですけどね) 

robert wyatt

robert wyatt2

1982 ROUGH TRADE RT115

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/10(土) 07:07:33|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WHEN YOU DANCE I CAN REALLY LOVE / NEIL YOUNG

今日のシングルレコードは WHEN YOU DANCE I CAN REALLY LOVE / NEIL YOUNG です このシングルは1970年発売の名盤After The Gold Rushからのシングルカットです このアルバムはもちろんどの曲をとっても素晴らしいですね このアルバムはソロ初期のへなへなな唄がいいですね 最近の激しい曲調とは違った優しい穏やかな曲調が多いですね

同じアルバムのOnly Love Can Break Your Heartも大好きで、なんか深夜のドラマのテーマ曲に使われてましたね Saint Etienneが豪快クラブカバーして大ヒットしましたけど、こちらもいいですね 元曲がいいのでずるいという話もありますが メロディが少し違うのですがこれはまあわざとなんでしょうね ちなみにSaint Etienneってラム酒の名前にあるのですがどういったつながりがあるのかな

NEIL YOUNGは見た目のごつさと違いとっても優しい人なのでしょう このところのアルバムはかなりバーストしていますが、必ず優しい曲が入っています 9.11テロのときも放送が自粛されているジョン・レノンの「イマジン」を歌いました 格好いいですよね

発表するアルバムはけっこうジャンルがばらばらで評価が難しいところですが、割と初期の方が評価高いというか、好きだという人が多いようなきがします

カート・コバーンの遺書にはNEIL YOUNGの歌詞が引用されていたそうです 大好きだったんでしょうね

20071109075154.jpg

20071109075206.jpg

ワーナー・ブラザーズ・パイオニア株式会社 P-1037R

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/09(金) 07:52:51|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TOSSIN' 'n' TURNIN' / The Stargazers

今日のシングルレコードは TOSSIN' 'n' TURNIN' / The Stargazers です このバンドはネオロカとともに聴いていたバンドです 音はジャケット通りの音なのですがめちゃくちゃ演奏うまいなあ 

ロカビリー色は少なく、どっちかと言うとジャイブとかスイングとかネオジャズっぽいところもありますが、オールディーズっぽいボーカルがけっこうちゃんと唄っているので聴けます 楽しいです この形態で同じようなシングルを4枚ほど出しているのでしょうか

10年ほど前はクラブでけっこうネオロカ、サイコビリーなんかもかけていて楽しかったのですが、このところクラブといえばハウスっぽいものばっかりかけていてこういった系は全くなので、もし次にイベントするならいろんなものをかけたいなあ

watch this spaceというアルバムも発売してましたが、果たしてCD化しているのでしょうかね GROOVE BABY GROOVEというのがヒット曲ですね なんかベスト盤はあるようですね このシングルもメジャーから出ていることもあって音圧がすごくあって気持ちいいサウンドです

今見たらいいギター使ってますね やっぱりアンプはFENDERのツインリバーブなんでしょうかね

20071108155231.jpg

20071108155247.jpg

1982 CBS RECORDS EPC A 2843

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/08(木) 15:54:06|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BLUE MONDAY 1988 / NEW ORDER

今日のシングルレコードは BLUE MONDAY 1988 / NEW ORDER です オリジナルは83年に発表されたBLUE MONDAYですが、こちらは88年に再ミックスされたものでかなり強力になってます まあフロア向けなのでしょうか キックの音が気持ちいいです

NEW ORDERはもちろんイアン・カーティスを除いたJoy Divisionなわけですが、私の中ではまったく別のバンドです 当初は全然違うものだと実際に思っていましたし ボーカリストを失ったパンクバンドがエレクトリックな方向へ向かうというのは非常に興味深いところです

NEW ORDERの音楽はエレクトロニクスを使ったものですが、このBLUE MONDAYでも分かりますが、ギターなどの生の楽器とうまく融合された暖かい血の通ったものです 通い過ぎてライブ演奏と歌は非常に批判にさらされたこともありますが まあ下手というんでしょうか Factory Recordsから出たライブビデオを見るとかなり音程外しています バーナード・サムナーもものすごく緊張しているのが伝わり、こちらまで緊張してしまうようなライブです

マンチェスターの中心バンドとして活動してきましたが、なんだかメンバー間の折り合いが悪いようであまりコンスタントな活動はできていませんね 途中Gillian Gilbertも脱退したし まあこれは子供の病気のためなんですが

86年のシングル、Bizzarre Love Triangleをアリソン・スタットンが唄っているのを聴いて、やっぱりいい曲なんだなと思いました The Perfect Kissが好きなんですけどね The Perfect Kissの12インチのバージョンはアナログしか無いようです けっこうそういう曲多いなあ

20071108043537.jpg

20071108043549.jpg

FACTORY RTD035 1988

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/08(木) 04:36:16|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MARCHING MEN / RICH KIDS

今日のシングルレコードは MARCHING MEN / RICH KIDS です このシングルもパンクシングルというよりはPOWER POPなのでしょうね パンク的な印象はあんまり受けないのです 好きですけどね

メンバー的にはパンク界の人達、というか豪華メンバーですよね ベースのグレン・マトロック(元SEX PISTOLS)にミッジ・ユーロ ミッジ・ユーロなんて最初はやっぱりULTRAVOX(John Foxx脱退後の別路線ですけど)のイメージしかなかったので、そうなのかあと感心したものです John Foxxのいる頃のULTRAVOXも大好きなのでまた別の機会で

アルバムはたった1枚でGhosts Of Princes In Towers、帯付きの日本盤には王子の幻影という邦題がついています 日本盤シングルは発売はされず、アルバムだけでした もともとSEX PISTOLSのポップな部分を受け持っていたグレン・マトロックの才能が爆発しています SEX PISTOLSだってそれ以前の音楽と全く関係性が無いわけでなく、もちろんオールディーズやポップスなどの影響もあるのが、今聞くと良く分かるのですが、そういったところはグレン・マトロックの好きな部分が出てたのかな

RICH KIDSのアルバムのプロデュースはミック・ロンソンがしていることからも、それまでのロックに対する敬愛があるのでしょう シングルジャケットもパンク的なデザインじゃなくって、もっとポップな感じですよね

20071107081512.jpg

20071107081529.jpg

1978 EMI EMI 2803

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/07(水) 08:15:54|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

robe / MARDEN HILL

今日のシングルレコードは robe / MARDEN HILL です MARDEN HILLはメンバーとか良く分からないのですが、eiから1988年にCADAQUEZというアルバムと2枚のシングルを出しています 12インチもあったのかな 中身はサントラあり初期のジャズ風あり、コーラスありで本当に様々な音楽が溢れています ラウンジというくくりもできるのかな そういうジャンルにされているようですが本当に1枚で一つのサントラのアルバムのようです

けっこう渋谷系の人たちに影響を与えたのでしょうか 音楽性は雑多なのでまあリバイバルのものが多いのですが、そのいいところをおしゃれにまとめたものが受けたのでしょうね 実際に劇団の音響を手伝っているときにはかなり使わせていただきました というか何とかギターの元ネタの一つですね 別に批判しているわけではなくまあそういう時代だったかなと

一時はアルバムそのものがかなり高価になっていたようですが、シングルはどうなんでしょう 今では紙ジャケットの再発CDが手に入るみたいですね 90年代の中期ころのアシッドジャズムーブメントのときに12インチが出てたような 詳細は分かりません

あんまりメンバーも知らないのではいけないなあと思いつつ、少し調べてみるとヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレイターのガイ・エヴァンスが参加してるみたい これもヘルパーというかゲストなのかパーマネントなものなのかは良く分かりません それ以外はぜんぜん分かりません でも分からなくても作品を気に入っているからいいんです

このシングルの曲は割といろんな要素があって、懐かしい風景や近未来を感じるようなレトロ感覚に溢れた曲なのですが、どこかで聴いたことのある、でも決してどれでもない世界を作り上げています 何度聞いても飽きることのない素晴らしい作品です

20071104214826.jpg


mardenhill2.jpg

1987 el GPO 30

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/04(日) 21:49:01|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スターリニズム / ザ・スターリン

今日のシングルレコードは スターリニズム / ザ・スターリン です ザ・スターリン(この頃はザがつく)は日本のバンドの中では大好きなバンドなのですが、どうもスキャンダラスなイメージが幸か不幸か先行してあまりいい評価をもらっていないと思います まあ私も雑誌とかで最初に見たときはなんだこれは!と思った記憶があるのでしょうがないですけどね

メジャーになってからもシングルを何枚か出していますが、衝撃度ではこのシングルでしょう このジャケットワークからしてなんともB級映画のようなイメージが漂ってきます 音は最高です 初期の混沌とした演奏の中に、クリアに聞こえてくるメッセージがあります メンバーはこのときはボーカル、遠藤ミチロウ、ギター、金子アツシ、ベース、杉山シンタロウ、ドラム、乾純です

この後、ギターのタムなどの加入により急激にハードコア化します それも格好いいけどね ベースのシンタロウさんはもう本当に格好いいなあ 結成当初は全くベースを弾けなかったそうだけど まあ関係ないですね

このシングルは最近再発されているようですが(アナログでも!)、朕は・・・というくだりが消されているようです 未入手なので詳しいことは分からないのですけどまあまずいのでしょうね このところザ・スターリンのものの再発ラッシュですが、TRASHだけは無理なのでしょうか アナログブートは持っていますけど 同じPOLITICALから出ているのにね TRASHの有名どころのブートは同じ部分で針飛びするんですが、CDのブートでも同じ箇所が針飛びしてますね 直せばいいのに オリジナル盤はそういった話を聞かないので針飛びはブートに限ったことだけなのかな TRASHのTシャツも大事にしております

去年出た絶望大快楽!!LIVE at 後楽園ホール'83という未発表ライブがもう死ぬほどいいです 皆さん聴いてください ドラムは中村達也さんですね このころはモヒカンで気合い入ってます 飢餓々々帰郷 ~遠藤ミチロウの軌跡~というBOXもよかったです

先日、メジャーから出たSTOP JAPの歌詞変更前のバージョンもなかなか良かったです 今になってこういうものが聴けるってすごいなあ ちなみにこのシングルでは猟期ハンターが一番好きです 

STALIN.jpg


STALIN2.jpg


1981 POLITICAL RECORDS MIG 2504

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/04(日) 09:07:53|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

JUS'REACH / galliano

今日のシングルレコードは JUS'REACH / galliano です TALKIN LOUDからのシングルですが、こういったクラブ系のものって本当に7インチがないんですね ほとんどがクラブユースのため、12インチしか需要がないのでしょう 

TALKIN LOUDにはIncognitoとかYoung Disciplesとかいろいろいますが、まあgallianoは中心的なユニットでしょうか いまでこそアシッドジャズとか言いませんが80年代後半からのジャズブームに乗り、90年代初頭にはかなりのムーブメントになっていました

TALKIN LOUD主宰のGilles Petersonが、古き良き時代の音楽を回顧してムーブメントを作り上げたのでしょうけどもいい音楽はいつの時代も受け入れられ、形を変えて永遠に残っていくのでしょう

Gallianoは、リーダーRob Gallagarを中心としたユニットで、4枚のアルバムを残しました このシングルは2枚目のA Joyful Noise Unto The Creatorに収録されたナンバーでArchie Sheppの"Attica Blues"をリメイクしたものです

3枚目まではMick Talbotが関連しているのでモッズ的な熱いものも感じさせるのかもしれませんね

galliano.jpg



galliano2.jpg


1991 TALKIN LOUD TLK16

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/02(金) 22:28:12|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Paris Maquis / METAL URBAIN

今日のシングルレコードは Paris Maquis / METAL URBAIN です このシングルは記念すべきROUGH TRADEの第一弾シングルです METAL URBAIN自体はフランスのバンドで、音的にはエレクトリック・パンクといった感じでしょうか 

キャバレーヴォルテールなどにも通じるリズムボックスとパンクギターでフランス語なのでかなりインパクトはあります メンバー写真など見ると完全にパンクバンドですね NYのスーサイドなんかとも共通点がありますね

このシングルに収録されている曲はかなりアバンギャルドで最初に聴いたときはなんだこれはと思ったりしましたが、初期のROUGH TRADEはまあパンクよりのニューウェーブも多かったのでなんとなく納得した記憶があります 

このシングルもROUGH TRADEの1番ということで長年探していたのですが、それほど人気のあるバンドでもなく、後期のMETAL BOYS やdoctor mix and the remix名義のもの(分裂したり新メンバーになったりで詳細はあまり分かりません)はけっこう見かけるのですがこれはなかなか見つからなかったのですが、新宿で見つけました もうそれも15年以上前の話ですけど

doctor mix and the remixもかなりエレクトロ・パンクでシングル「No Fun」とかすごくいいです このあたりのアナーキーな感じがDAFだったりBODY MUSICであったり、またジム・フィータスに通じてたりするのでしょうね PRODIGYなんかもそうかもしれません 

ビッグ・ブラックのスティーヴ・アルビニのフェイバリットバンドらしいです そういえばこのエレクトリック・ジャンクな雰囲気がそっくりだったりするかも

ちなみにMETAL URBAINとしてはこのシングルは2枚目になります

20071101085350.jpg



20071101085404.jpg


1979 ROUGH TRADE RT001

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/01(木) 08:54:30|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

こはるカプセル

Author:こはるカプセル
はじめまして
シングルレコードが大好きです 集めたシングル数千枚
シングルのジャケットっていいですよね
モットーはジャンルにこだわらないレコード収集です
よろしくお願いします

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。