こはるカプセルのレコード集め

シングルレコード大好きのこはるカプセルが収集したレコードの紹介をします。ジャンル関係なく集めた大好きなシングルレコードたちです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

shipbuilding / elvis costello

今日のシングルレコードは shipbuilding / elvis costello です 日本盤を集めているときに探したものです エルビス・コステロに関しては当初はやはりパンクの一つとして聞いたのですが、全然パンクじゃなかったという感じでしょうか

若いときには分からなかった良さがだんだん分かってきて大好きになりました デビュー当初からスーツにメガネ 今のメガネロックはオールディーズからエルビス・コステロを通過してweezerまで到達してますね

デビューアルバムのジャズマスターを抱えた姿がなんともかっこ悪かったのを憶えています 今でこそジャズマスター、ジャガーもかっこいいですが、昔はなんて垢抜けないギターなんだろうと思ったものです

曲はソフト・マシーンのロバート・ワイアットの名曲です アレンジも少し違うけど名曲はどんなにしても名曲ですね ジャケットも雰囲気のあるいいジャケットなのにカップリングの「コステロ音頭」というのが全て台無しにしております

パンク関連の本を読んでいると、SEX PISTOLSの前身バンドのスワンカーズに参加していたとかいう話を聞いて、かっこいいなあと思っていたら、どうやらガセのようです

elvis costello


elvis costello2


1983 RPS-118 RVC株式会社
スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/09/25(火) 07:44:27|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

BURNING SPEAR / SONIC YOUTH

今日のシングルレコードは BURNING SPEAR / SONIC YOUTH です ちょうどSONIC YOUTHの伝記本を読んだところでタイムリーですね
このレコードはオーストラリアでプロモーション用に作られたものです ジャケットがかっこいいので選びました

曲は彼らの中でも代表的なものですが、内容はメルボルンで行われたライブとなっています ジャケットの写真はそのときのものかどうかははっきりしないのですが、裏ジャケットは最高です!

彼らは所謂パンクバンドではなく、それに乗り遅れた世代の代表のようなものでしょうか キム・ゴードンなどは最初はまったく楽器もできなかったそうですから(今はベーシスト)、音楽的なものよりも思想的なものが、もしくはアーティスティックなものが最初は勝っていたのかもしれません

NY PUNKの直系ではなく、それを引き継ぐものとしての存在感はすごいです サーストン・ムーアは当初から変則チューニングを実践しており、初期のライブではそのチューニングに時間がかかりすぎて、曲と曲の合間にものすごい間があったとのこと 現在ではそれぞれの曲に合わせたギターを並べており、その問題はなくなったそう 初期ドラマーのボブ・バートは後にジョン・スペンサー率いるプッシー・ガロアへ

紅一点のキム・ゴードンはもうすでに50歳近いと思うのですがかっこいい 夫婦そろってまったく歳をとってないですよね 思えば女性メンバーのいるバンドはかっこいいですね 

SONIC YOUTHのキル・ユア・アイドルズのタイトルのTシャツを大事に持っています

sonic youth


sonic youth2

PRO-S 4263 GEFFEN Australia

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/09/23(日) 10:34:32|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Porque Te Pas / Jeanette

今日のシングルレコードは Porque Te Pas / Jeanette です このシングルはご覧の通り、スペイン映画「カラスの飼育」の主題歌です この映画は「ミツバチのささやき」で有名なアナ・トレント主演の映画です

映画の中での使われ方からして映画の挿入歌という感じではなく、登場人物が歌っているかのような使われ方でしたので、そうだと思っていたらちゃんとした歌手の方でした

日本でもカヒミ・カリィが取り上げたらしく、そういう情報ばかりです 確かにウィスパー系の声で彼女にも通じるところがありますね

このJeanetteという人に関してはほとんど知らなかったので、ちょっと調べてみると、カヒミ・カリィ効果か日本盤編集CDなんかも出ていますね 彼女の他の曲とこの曲とは少し違った感じで、とても暖かい感じのする曲が多くていいですね

「カラスの飼育」という映画はとても良くてお奨めなのですが、現在、「ミツバチのささやき」とともにDVDが廃盤になっており、高値が付いています 「ミツバチのささやき」は前に発売していた日本版DVDは映像も悪かったのですが ということなのでなかなか綺麗な映像で見ることは難しいのですがいい映画なので再発してほしいですね

ちなみに「カラスの飼育」というのはスペインの諺で、カラスを飼っていても裏切られるといったような意味らしいです 飼い犬に手を噛まれるという感じですか ちょっと違うか

このシングルはフランス盤です

カラスの飼育


カラスの飼育2


MUSICALES HISPAVOX 2022 035 1974

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/09/22(土) 08:16:43|
  2. レコード
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

strawberry fields forever / candy flip

今日のシングルレコードは strawberry fields forever / candy flip です イギリス出身の2人組(Danny Spencer (vocals, keyboards) and Ric Peet (keyboards))でデビュー当初はルックスも良いことからけっこうアイドルっぽい扱いをされていたような気がします

ちょうど90年代の始めにmadchesterムーブメントが巻き起こり、そのときはちょうど東京にいたのでよく聞きましたけど、そのmadchesterムーブメント大きな流れでこのカバー曲も大ヒットしました 

クラブへ行くと良くかかっていて懐かしいです 

1stアルバムのMadstockは良く聞きました このジャケットの宇宙人のようなイラストは可愛くて、自分のイベントのフライヤーなんかにも使ってましたね 若かったな

ボーカルとキーボードの2人組ということでpet shop boysのクラブ版というような扱いを受けていたような思い出がありますね

madchesterのころの流れは良くも悪くもいろんなバンドが世に出てきました そのときはいいなあと思っても、その時代にたまたま合っただけで今聞くとなんだかなあと思うようなものもありました

でもcandy flipはいなくなってしまったけれど、このstrawberry fields foreverは今聞いてもとってもいい曲というかアレンジで久しぶりに聞いてよかったです

一緒にクラブに行っていた友達が、そのころに出たcandy flipが表紙になったREMIX誌を嬉しそうに持っていたのを鮮明に憶えています
candy flip


candy flip2


DEBUT RECORDS DEBUT3092 1991

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/09/21(金) 07:53:45|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LUKA / SUZANNE VEGA

今日のシングルレコードは LUKA / SUZANNE VEGA です これも日本盤です US盤もUK盤も日本盤も全てジャケットは違います 日本盤が少し暗い感じでしょうか

スザンヌ・ベガの一般的なイメージはこのルカに代表されるようなアコースティックなイメージなのでしょう でも彼女はストリートのアーティストでもありますが、パティ・スミスから連なるNY PUNKの荒々しいけれどもアートな流れにあるのではないでしょうか

ルカは彼女の知り合いの子供で、歌詞の内容は児童虐待という生々しいものです アメリカの抱える様々な問題をさらっと歌っています なかなか日本ではこういった内容の歌は難しいのでは

アコースティックギター1本持った彼女のイメージとは違って、音の方は打ち込み中心の様々なサウンド・プロダクションで構成されています 
この無機質な音が彼女の冷めた声に合って独特のイメージを完成させています

アカペラで歌う「トムズ・ダイナー」にブレークビーツを乗せた荒技もありましたが、こういった音にも彼女の歌声はけっして負けることなく響いています

しかし、シンガーソングライターとしての彼女の持つ優しい視点と感情は充分伝わってきます 音も最新テクノロジーを駆使して、暖かい部分も作り上げていますね

ルカは日本人アーティストもカバーしていてアイドルの誰かが歌ってましたね でも歌詞の内容はお気楽なものに変わっていました カバーではlemonheadsも有名ですね

今でも大活躍しているとは言えないですが、息の長い音楽活動をしています 応援してます

20070919074122.jpg

suzanne vega2


7Y3043 1987 キャニオンレコード

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/09/19(水) 07:47:36|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SISTER MOON / TRANSVISION VAMP

今日のシングルレコードは SISTER MOON / TRANSVISION VAMP です このバンドも時代に咲いた徒花 新世代のパンクアイコンというイメージですが、全然そんなことなくてとても魅力的な曲と歌です

確かにイメージはSEX PISTOLSのようなパンクに近未来のイメージを合わせた感じ、そうなるとジグジグ・スパトニックみたいですが、そういうカラーで売り出しましたが、実は60年代のオールディーズなどや70年代のアコースティックな曲のイメージもあって音楽性は高いです

ボーカルのウェンディ・スミスのカラーが全てなんですが、ハスキーな声でとても可愛いです ごく初期はもろにパンク的な曲が多かったですが2枚目なんかは落ち着いた曲も多く名曲揃いです

1枚目のアルバムは「POP ART」、これはアンディー・ウォーホル、2枚目「VELVETEEN」はヴェルヴェッツなのでかなりアート指向がありますね まあ分かりやすいですが

ライブもめちゃくちゃと思いきや、けっこううまかったです ニック・クリスチャン・セイヤーはもろにパンクアイコンてな感じですがそのときのライブはもう一人のギタリストが弾きまくっていてあんまり弾いてなかったです なんかジャンキーっぽくてへろへろでした まあジャンキーでも別にいいのですけどね

3枚目の『リトル・マグネットとザ・バブル・オブ・バブルの対決/Little Magnet Versus The Bubble Of Babble』で解散 このアルバムは今までの分かりやすいイメージと変わってかなり作り込んだ楽曲が増えてます ウェンディのボーカルも素晴らしかったのですがあまり売れなかったみたいですね

バンドのスタイルとしては単純な3ピースではなくドラムとキーボードが兼任するなどちょっと通常のバンド形態ではなく、ライブではサポートメンバーがいたようです ここにちょっとうさんくささを感じるのですが、それもまた魅力

このSISTER MOONはゆったりとした曲でパンク的な曲ではないですが、ウェンディのボーカルも曲の雰囲気も最高の曲です そしてジャケットが最高にいいですよね

このシングルは12インチではピクチャーディスクも出ています

20070917074558.jpg


20070917074611.jpg


1988 MCA RECORDS TVV5

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/09/17(月) 07:46:40|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

STEPPIN'OUT / JOE JACKSON

今日のシングルレコードは STEPPIN'OUT / JOE JACKSON です ジョー・ジャクソンはイギリス出身のミュージシャンですが、イメージ的にはこの曲のヒットのイメージが大きいですよね 

もともとクラシックの教育を受けているのですが、デビュー当初はパンクの影響も感じるタイトな演奏でした「ルック・シャープ(Look Sharp!)」 初期のころもいい曲が多くて楽しいです

このSTEPPIN'OUTはニューヨークへ渡って制作したもので、シンセベースの音がすごく印象的な名曲です 当時、日本では邦題が付けられていて「夜の街へ」という曲名でした リアルタイムで確かベストヒットUSAで見てすぐにこのシングルを購入しました

その後購入したライブビデオなどを見て、やはり素晴らしいライブで、機会があれば見たいなあと思っていました しかしジョー・ジャクソンはその後はオーケストラのような大編成のものへと音楽性が変化 たしか、日本フィルハーモニー交響楽団との共演などもありましたが見にいかなかったです 

初期のタイトなイメージも大好きですが、STEPPIN'OUTの何とも言えない哀愁の感じられるそして暖かい音楽が心に残ります 

一時はうつ病などで音楽活動から離れていましたが、現在はまたロックの世界に回帰しているようです 

頑張れ!

このジャケット最高ですよね

20070916115606.jpg


20070916115618.jpg


AMP-758 1982 アルファレコード

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/09/16(日) 11:56:48|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NEVER ENOUGH / JESUS JONES

今日のシングルレコードは NEVER ENOUGH / JESUS JONES です このシングル、サイン入ってますけど、本物です! だって本人にもらったのです 初来日の日に友達がライブ終了後に某所に来るよーって教えてくれたので、わざわざレコード持って出かけていったのです ばかですね 

jesus jonesも最初はバンドと打ち込みの融合で当時かっこよかったですねえ デジタルロック(死語に近い)という概念があまりなかったときだったので新鮮でした ライブはうーんでしたけどね

2枚目のシングルですね 12インチはいろんなフォーマットのものがあって楽しかったですが7インチは出るものは限られてました 1枚目のシングルのときはマイク・エドワーズも本名では無くてjesus jonesを名乗っていてなにか企画ものっぽかったのですが、ちゃんとしたバンドでした

このシングルの12インチ盤には強烈なひずみのリミックストラックが収録されていてトリップできます バンドも後になるほどデジタル色が濃くなってきて後ではもうほとんどテクノバンド 打ち込みと生音の混じり具合が気持ちよかったのにね

最終期のシングルはprodigyがリミックスしているZeroes and Onesはめちゃかっこいいです 

なんか布袋さんと仲が良いらしくライブでマイク・エドワーズが布袋モデルのギターを弾いているのをテレビで見てくらくらしました

EMFにしてもjesus jonesにしてもキーボードメンバーはライブでは暴れているだけでなんにもしてませんね まあほとんど打ち込みだからすることないんだろうけど でもドラムはシーケンサーに合わせて演奏するので過酷そうだ

20070913001754.jpg



20070913001813.jpg


FOODS21 1989 FOOD RECORDS

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/09/13(木) 00:18:53|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

THE SUN DOSN'T SHINE / BEATS INTERNATIONAL

今日のシングルレコードは THE SUN DOSN'T SHINE / BEATS INTERNATIONAL です BEATS INTERNATIONALはノーマン・クックのユニットです もともとはハウスマーティンズのベーシストだったので良く知っているというかハウスマーティンズ大好きでした

ハウスマーティンズ解散後にDJ活動を開始してBEATS INTERNATIONAL結成ですが、もともとクラブ系のレコードなので7インチあんまり無いです これもイギリスで買ったような記憶があります 

"Dub Be Good To Me"が全英1位になりましたが、このころのクラブミュージックではサンプリングが問題になってきたころで、CLASHのベースラインを使用したことでなんかかなり揉めましたね というか雑誌で読んだんですが印税の50%を支払わないといけないとか なんだかCLASHせこいなあと感じました CLASHのサンプリングはそれこそ最高のリスペクトであり、パンクの魂を継ぐものだと思うのですが、世の中せちがらいですね

多くの12インチを出していて、ゲストにLINDY LAYTONを迎えたシングルはジャケットにTR-808やCR-78などROLAND製のビンテージ機器をメンバーが抱いていて、好きなんだなあって感じでしたね

その後FREAK POWER,Pizzaman, The Mighty Dub Kats, Fried Funk Foodなどたくさんの名前を使っていましたが、今はファットボーイ・スリム!やっぱり打ち込みにやどるパンク精神がかっこいい PRODIGYもケミカル・ブラザースもBIG BEATにはかなり影響されているのでは

やはりベーシストなのでグルーグ感覚がいいのでしょうか このシングルはかなりレゲエよりのサウンドですが様々な音楽性を通過してきた余裕のある音が感じられます

20070912134631.jpg


20070912134641.jpg


GO!DISC GOD 59 1990

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/09/12(水) 13:47:16|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NIGHT AND DAY / EVERYTHING BUT THE GIRL

今日のシングルレコードは NIGHT AND DAY / EVERYTHING BUT THE GIRL です ご存じの通り、トレイシー・ソーンとベン・ワットの2人のユニットです トレイシー・ソーンはこのユニットの前にはマリン・ガールズというバンドをやってました このマリン・ガールズもすごくいいバンドですね 日本盤も出ております ベン・ワットもソロで何枚か発表しています ユニットになってからはトレーシーが歌うことが多いですけどベン・ワットの歌声もすてきです

このシングルはcherry redから出ていますが、この2人はcherry redで出会ったようです で、このシングルを出してEVERYTHING BUT THE GIRLは誕生しました 

“Night and Day”はビリー・ホリディの曲ですね その後の活躍は皆さんご存じの通り 

この2人をめぐるシングルレコードはけっこうあって、EVERYTHING BUT THE GIRLもシングルはけっこうあります あとはベンのソロ、トレーシーのソロ、他ユニットなど割とあります 

トレーシーの歌声ははっきり言ってあまりうまいっという唄ではないです 声もちょっと低いしね でも本当になにげない事を唄っていたりするところではっとさせられる声なんです うまく言えませんが どちらかというとベンの声の方が優しいかな 

ボサノヴァやジャズ、アコースティックなどの要素で優しい音楽を続けていましたが、Amplified Heart以降は何故かドラムンベースに けっこうびっくりしましたがこれはこれでなかなかよいです クラブ向けのサウンドになってからも唄心は忘れず、曲もいいのですが、やっぱり良く聞くのはアコースティックな曲だったりします

ジャケットは同じデザインの色違いが何種かあります どれが早いとか分からないのですけどね これは一番良く見かける白黒盤ですね

cherry red のレーベルのロゴが可愛いな このレコードではJANコードのシールで隠れてますね

20070910173448.jpg


20070910173457.jpg


1982 cherry red cherry37

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/09/10(月) 17:36:03|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

YOU LOVE US / MANIC STREET PREACHERS

今日のシングルレコードは YOU LOVE US / MANIC STREET PREACHERS です パンクと言われるバンドがイギリスでは何年かに一回は出てきます マニック・ストリート・プリーチャーズもそうなのですが、初めて聞いたのはHEAVENLYからでた「モータウン・ジャンク」(1991年1月21日)でした これはかなりポップな感じがしてあまりパンク色は感じませんでした

その後は解散宣言をしたりリッチーの失踪などいろいろありましたが、今でも3人で活動続けてますね リッチーもギターは弾けないとか弾けるとかいろいろ言われてましたけどパンクなら別に弾けなくても、生き方なので問題ないのにね

フェスかなんかのライブ映像見ましたけど、簡単なギターは弾いてましたね かっこいいし まあギター・ボーカルのジェームス一人で引っ張っている感じでしたが

HEAVENLY以前の音源、Damaged Goodsから出てたようですがこっちも聞いてみたい 初期の頃のバンド名はベティ・ブルーだったようで、このシングルにもコラージュされてますね まあtaxi driverとかいろいろコラージュされてますね このあたりのセンスがあまりパンクじゃないような

リッチーは失踪したままのようですが、「4 Real」事件といい、解散宣言といい、音楽メディアに振り回されるナイーブなバンドですね 彼はどこかで元気に生きているのでしょうか

20070907073921.jpg



20070907073935.jpg


1991 HEAVENLY HVN10

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/09/07(金) 07:40:03|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

we found a way to the sun / THE PRIMITIVES

今日のシングルレコードは we found a way to the sun / THE PRIMITIVES です モリッシーも大好きなプリミティブスですが、初期のころは圧倒的にジーザスアンドメリーチェーンとヴェルヴェットアンダーグラウンドですね 

初期はかなりノイジーギターです 60年代風メロディにファズギター、そして女の子ボーカルと最高です 見た目も初期はかなりヴェルヴェッツぽいですね lazyは初期のマイブラも在籍していてそのころはけっこう両方とも少し近い音楽性でしたね 

lazy01のデビューシングルはそのころ買った夜想のジャケットと同じでアーティスティックな雰囲気を醸し出しておりましたが、中身はバーストギター!

だんだんノイジーギターは薄れてきたものの、オルガンの導入などで60年代風グルービーなサウンドも増えてきてメジャー2枚目もよかったですね(PURE) 前にも書きましたがそのころに来日 日本青年館でライブ見ました もう轟音ライブで次の日も耳鳴りがしましたよ 前座が大江慎也さんでかなり客層が違ってました どっちも好きですけど

解散後もPAULはROUGH TRADEからレコードを出したりしてましたが、内容はけっこうプリミティブスの頃から演奏していたサイケ路線でしたね 歌い方もヴェルヴェッツに影響された英バンドってな感じでしょうか

ライブに行ったころにBBCで放送されたもののブートテープを買いましたが、ライブはめちゃめちゃパンク 2年ほど前に出たBEST盤に入っているライブでもI WANNA BE YOUR DOGとか演っていてよかったです 演奏ははっきり言ってど下手 それはもうびっくりするくらい下手ですね まあそれがいいんだけど

モリッシーが着ていたTHE PRIMITIVESのTシャツが欲しくて都内のショップをまわりましたが、手に入らなかったです そのTシャツのデザインがこの裏面のジャケットです かっこいいでしょ

PRIMITIVES.jpg



PRIMITIVES2.jpg


lazy02 1986 lazy

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2007/09/06(木) 17:46:47|
  2. レコード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

こはるカプセル

Author:こはるカプセル
はじめまして
シングルレコードが大好きです 集めたシングル数千枚
シングルのジャケットっていいですよね
モットーはジャンルにこだわらないレコード収集です
よろしくお願いします

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。